Neko

2015年03月20日

大井川鐵道へ行ってきたよ

 先日、大井川鐵道の千頭駅に行って来ましたよ。
 車で行ったのですが、初めて明るい新東名を走りました。けっこう山奥なんだなぁと暗い中を走ったときにも思っていたのですが、長いアップダウンを繰り返し、意外と平坦じゃないのだなぁと……。

 静岡SAのスマートICで降りて、県道207号線から国道362号線へと合流。自家用車すらすれ違えない狭い山道を1時間ほど走り、峠越え。先を読みながら、対向車の発見に努めつつの山道、久しぶりでした。
 途中時間を区切って通行止め(実際は長い交互通行で数十分単位で待たされる)をしていて、すれちがいできないところで詰まってしまい、数分ドキドキしながら列が動くの待ってたり。
 大型ダンプが大変そうでした……。

 そんなこんなで千頭に到着、駅横の駐車場に止め、入場券を買って構内へ。

IMG_20150320_082543.jpg
IMG_20150320_082543.jpg posted by (C)miduho

 ヒロになる9600がヘッドを外してカバーをかけお休み中です。契約の都合なのかしら。冬場は本当にSLのお客さんも少ないです。1月にはあった「ヒロに乗りぼらないで」の看板すらなくなっています。これは奥にC12を置いたため……なのかな。

IMG_20150320_082611.jpg
IMG_20150320_082611.jpg posted by (C)miduho

 絶賛ナニカに改造中のC12です。元々C56の部品取りとして、養老ランドからC12 208を手に入れ、2007年にあちこち部品を取り替えたその残り、でした。
 大代側線で放置されていた時代はまさに残骸レベル。でもそんな姿とはいえ、なにか使える物が残っていたのか、ブルーシード覆っていたり、ロッドの一部にはグリスが塗られていたりと、朽ちていくだけとはまたちっょと違う感じで、しかしやっぱり長年留置で朽ちていくばかり〜にも見えたのでした。

 千頭まで来たって事は、本線走行したんですよね、すごいなぁ。動いたのか、あれが。

 ボイラーを覆うようなドームが取り付けられ、ダミーのホイッスルやら取り付けられていましたよ。
 運転台も相当朽ちていたので、外板も総取替のようです。走行に耐える厚さがあるのかは不明ですが、パッと見薄いです(^_^;)
 ホームの傍らには車体から取り外したキャブの外板などが積まれており、区名入れのあたりはぜひ売って!! って思うほど。

 今年の大井川鐵道、トーマスは、
http://www.oigawa-railway.co.jp/20150600thomas.html#
 ジェームスくんも仲間入り。
 これでトーマスの都合で休むことなく運転が確保されましたよ。
 しかもトーマスとジェームスの2列車運転日までありますよ。

 7200目的だったけど走っていなかったので、昼間は掛川花鳥園で観光。鶏の唐揚げを腹一杯食べてきたあ、新金谷に立ち寄りました。

IMG_20150320_082600.jpg
IMG_20150320_082600.jpg posted by (C)miduho

 SL重連がほぼ毎日見られるんですよ大井川鐵道って。すごいなぁ。
 新金谷の転車台には、なぜかナショナルトラストのC12 164が載って展示されています。説明板もあるので、C12の定位置なんでしょう。でも機関車の向きを直すため、夕方ここで機関車の方向転換をしなければなりません。
 まずC12とその日走ったSLが頭同士で連結。一旦側線へと引き出します。
 そして自分がターンテーブルで方向転換、そのあと側線へC12を迎えに行き、またターンテーブルにしまいます。

 電車で大井川へ来た場合、これを見てしまうと後続の電車がすごい後にしかないので、金谷へは18分ほど歩いて戻らなければならないのが残念なのです。でも、その価値はありますよ。娘は入れ替えカッコイイ。って。

 数年前まではこのトラストC12もブルーシートにくるまれて橋の下、でした。こんなほぼ毎日動くなんて、当時思いもしなかった……。

 でまあ、7200に乗れなかったのでまたリベンジですよ。今度はあさイチで来てやるー
posted by みづほ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅が好き〜!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115434110
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ