Neko

2008年08月27日

TOMIXのDD51にEM13

 KATOのEM13という車載DCCデコーダーは小さくて安くて便利。モーターしか制御できないけれど、ヘッドライトの点灯制御にこだわらなければ、モーターとライトは一緒の出力からで問題ないですよ。
 停車時に点灯はできないけれど、私はそれがしたいわけじゃないし(^_^;)

dd51a.jpg
 EM13へのハンダ付けです。モーターへの出力はホントはもっと大きい面積で接触するのですが、DD51のキャブに入れるため、足の部分をニッパーでカットしたため、細かい配線部にハンダ付けすることに。

 スズ線と基盤を接触したままになるようにしてクリップで固定。ハンダ用のフラックスをすっと流し、微量のハンダをじゅっと流し込みます。このハンダ付け、大変細かい作業ですが、なれれば簡単な部類だと思います。

dd51b.jpg
 これはEM13にハンダ付けする前の写真。DD51側のライト基盤と基盤を押さえるキャブの緑色な部品に、スズ線を通す穴を開け、モーターへとハンダ付け。
 DD51のモーターへは銅板が「Vの字」に曲げてあるのがダイキャストブロックの間に挟まっているだけ。なのでこの銅板を抜けば絶縁完了(^_^;) とても工作が楽ですよ。

 ライト基盤を見て、ダイキャストからスイッチや抵抗まで来る手前でパターンカット。精密ヤスリの先でゴシゴシしました。ヤスリ、強い!
 んで、ダイキャストから来る電源のかわりに、EM13からの出力を基盤へと配線。余裕を持たせた配線をキレイにたたんでEM13を固定。

 自宅の試走線では、まあ動いたわけですよ。
 のぞみ会で苦労して、分解、脱脂作業をする羽目になるとは……。

 DCCの車体への装備は、パズルやっているみたいで、楽しいよ。
posted by みづほ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | DCC
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18461927
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ