Neko

2009年10月08日

スマート電池くん

 ネーミングに、正直吹いた(^^ゞ
 NE Trainをまたもや改造、今度は蓄電池とパンタを搭載。架線がなくても50kmくらいは走れちゃうぞ、というモノだそうな。

 路面電車タイプでは試験車が出てましたが、いよいよ非電化ローカル線の既望の星登場か?

 いやいや、しかしですよ、163kWhのリチウムイオン電池って、いくらするんでしょう。ものすごく高価な気がしますが(^_^;)

 1月から本線での試運転ですか。直流で、となるとまた長野なのかな。非電化区間でのテストはしないと思うんだけど、冬だよなぁ……。意外と首都源で済ませちゃったりして。

 いやしかし、名前で笑えるよ(^_^;)
posted by みづほ at 00:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
確かに名前に笑いました。
誰が名付けたんだろう・・・

内部画像見ましたけど
バッテリ架がかなり占領していて
実用化なるか・・・気になるところです。
Posted by 沿線住猫 at 2009年10月08日 09:41
コメントサンクス♪

ほんと、スペース取ってますよね。あたりまえだけど(^_^;)

いくら走行抵抗の少ない鉄道とはいえ、クルマのなん倍も重いモノが50kmも動くんですから、たぶん、普通にディーゼル車両作った方がトータルコストはうんと安いと思います。

ま、将来のための基礎研究だと。

20kmおきに5分止まって充電じゃダメか(^_^;)
地上設備と電池のコストバランスも難しいところだと思うよ。
Posted by みづほ at 2009年10月08日 21:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32752808
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ