Neko

2010年08月26日

Qトレインは過去のアイテム

 タカラトミーが発売したNサイズの超ショーティー鉄道模型、Qトレイン。ボタン電池内臓で、赤外線通信によるリモートコントロール、それだけでなく、レールがなくてもステアリングが切れるので、どこでも走れるってのがウリでした。

 定価がモーター、通信機能搭載とでどうしても高く、うまくパッケージできていたとは思うのですが、Bトレインなような波は来なかった気がします。

 で、今日蒲田のユザワヤに行ったら、ジオラマセットが1500円。定価の半額以下ですよ。小2の子供が欲しがったので、これをベースに夏休みの自由研究を作るなら買ってやる。と初購入^_^;

 15cmくらいの3両連結、1車体に台車ひとつが表現され、一両目が動力台車。前からステアリングする車輪、次が駆動輪。2両目は電池、3両目はトレーラーでした。

 台車表現はBトレと同じような構造、リレーフを取り換えればいろいろ対応という動力共通設計でした。

 説明書には、Nゲージ企画ではあるが、勾配、ポイントなどは走行できない事がある。とありました。
 たしかにレールのないところで走るためにフランジの幅が厚く、ステアリング軸にはご丁寧にギザギザつき。ステアリングは電磁石によるものなので、常にグラグラ。なので、急曲線でわずかにレールの高さが違う、半径が違う曲線が混ざっている、S字だ、などで脱線します。
 急な加速をするので、カーブ区間での加速もよくない。

 レールの上しか走らないと割り切るなら、ステアリング軸を固定してしまうのも手だな。

 で、子供にB4レイアウトをけしかけてみた。
 分解した出窓レイアウトなどの廃品を利用して、子供にどう地形を作るか描かせ、難しいところはサポート。地形が出来て、線路が載って、建物を仮置きすると、もう走らせたくてウズウズでした。

 発泡スチロールにボンドを塗りたくって、晩御飯、そのあと紙粘土を付けるところまで面倒見ましたよ。

 ああ、面積が小さいと、楽だ、早いし^_^;

 ハガレンは無事42話まで完走。あと10話以上残しての公開はどうしてだ、と思っていたら、そこからはDVD未発売でしたか。
 こんな形での再放送も、これからの時代、アリだなぁと思ったり。
posted by みづほ at 22:58| Comment(2) | TrackBack(0) | Nな模型
この記事へのコメント
Qトレインがユザワヤにあったんですねえ。お値打ちで。ユザワヤ、近くでイチバンものがあるのでちょくちょくいきますよ。あとは大井町IMONと川崎ヨドバシ・・・。ポポとか、旗の台辺りにできないかなーと思うのです。なんなら洗足池商店街の新築空ビルに入ってくれたら、奥さんの目を盗んでは出没・・・。妄想でした。
Posted by けだまん at 2010年08月28日 00:54
コメントサンクス♪
Qトレは最後の一つでした。車両のみもなく、ほんとに最後でした。
アキバとかでも車両のみ970円とかで売られてるものね^_^;
Posted by みづほ at 2010年08月29日 00:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40382283
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ