Neko

2010年12月14日

Wi-Fiってわかってる?

 いや……自分もわかってません(^^ゞ
 Wi-Fiが、接続方式を指す言葉ではないのは知っていますが、その内容の細かなことは、まあ知らんでも繋がるからいいよ。です(^_^;)

 ちょっと昔の無線LANって、メーカーが同じでも、方式が同じはずなのに繋がらない、なんてことがありました。ええ、普通に。
 で、各メーカーは下位互換の表を用意してたりして、がんばって他社との互換性も検証したりして、というめんどくさいもののカタマリでしたよ。

 それを、ちゃんと接続性の認証をもらおうぜって言うことになり、ユーザーはあまり気にしなくても良い時代が来ましたよ。いいことだ。がんばった!

 で、ドコモががんばってるFOMAエリアで使えるWi-Fiルーターてのがあるじゃないですか。最初はどんな利用価値があるのかわからなかったけど、どこでも無線LANスポットになるわけで、お金持ちさんには便利アイテムなのかなぁくらいの認識は持っていました。

 それをタクシーに搭載って言うリリースを見ましたよ。ほほう、そりゃなるほどだ。
http://answer.nttdocomo.co.jp/wi-fi/

 東京無線、ていうタクシーチョイスもおもしろいぞ(^^ゞ 車内にある接続IDを見ながら設定してやれば、DSとかで遊べるわけだ。メールチェックも出来るわけだ。

 これ、空港線や、高速バスとかにも使えるじゃんか。と思うです。いや、もう水面下ではきっと動いているんだろうと思う。
 路線バスも、ホワイトカラーが通勤で使う路線とかなら使う人いるかもね。……あ、差別化による増収にならないか(^_^;)

 FOMAなルーターだとペースメーカーへの影響はあるだろうと思うのですが、胸部からの距離をきちんと取れる位置にルーターが付けられるのなら、問題ないんだと思います。
 タクシーはどうやって解決しているんだろう。後部座席の後ろなんかには置いてないと思うけど……。

 もっとも、第3世代で、かつ厳しい条件下で8cmになって影響が出たのがある。
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02kiban16_02000032.html

 っていう実験データもあるから、22cm以上取れ、ていう指針を守れば不幸な事故は起きなさそうだけど。

 いや、なにが書きたかったか、というと、夜、無線LANルーターの電源を切ると、寝付きが良くなった気がするんです。いやマジで。
 電源が入っていると、耳を澄ませば僅かに「ジー……」って聞こえるんです。だいぶ古い無線LANなので、それが原因だったり?

 それで電波の影響を調べていたら、Wi-Fi機能付きペースメーカーがあるって話に行き着いたんですよ。ああ、そういえば去年ニュースで見た気がしたよ。

 ケータイ並みに強い電波は当然出してないんですが、ペースメーカーにさえ付いちゃうのだから、寝付きが悪いのは電波のせいじゃないのかも。と思ったのです。


 いやしかし、第3世代で影響出るのがある限り、まだ優先席で電源切れって言うのは続くんだね。mova停波で平気になるなんていう論調もあるけれど、満員電車なら異常接近の可能性がゼロじゃないし。
posted by みづほ at 10:12| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコン関係
この記事へのコメント
Wi-Fiには仕事で泣かされています・・・
不要な電波は出さないのがいいと思います〜

個人タクシーに乗ったらiPad(Wi-Fi版)がついていてハイテクタクシーだ!って妙な感動をした事があります(^^;
Posted by 沿線住猫 at 2010年12月14日 16:08
コメントサンクス♪
接続認証が取れている同士でも大変なことがあるんですか。
たしかにアドレスとかキーとかの入力方法が違ったりするものもありますよね。よくわかんないけど(^_^;)

iPad付タクシーはすげぇ。ゲームとか楽しめそうや。
Posted by みづほ at 2010年12月14日 22:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42086037
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ