Neko

2010年12月16日

Googleの日本語入力エンジン

 一年ほど前にベータサービスが始まって、色々おバカだなぁとか笑っていたんですが(^_^;) いよいよ正式版となったそうですよ。

http://www.google.com/intl/ja/ime/

 ゲータイのような予測変換がウリで、仕事メールとかでつかう文書などはなかなか便利に使えますよ。ユーザーテストが1年間、色々言われて、叩かれて……、だいぶいいんじゃね? って思えます。


 で、ATOKを1年契約した直後になんで出るカナ。なんでカナ。

 まあいいや<なぞ

 上記ダウンロードページに、こそっとリンクされている開発コミック(40ページ)が、なかなか熱意が伝わるものでした。
 エンジンの仕組みとか、辞書とか全部ローカルで完結とか、そうなんだ。て思えるところが埋め込まれつつ、力を入れたところが語られています。

 以前富士通でIMEを開発していた方とおしゃべりしたことがあったので、ふむふむ。などとわかったふりをしつつ、楽しく読めましたよ(^_^;)

 ……、もしかしてコミックに出てくる小松さんは、親指シフト派なんじゃなかろうか……。そんなにおじさんじゃないような気もするけど(^_^;)

 ケータイで予測変換に慣れると、文字を全部打つのが当たり前じゃなくなりますよ。でも、私はカナ入力で育ってきたため、三文字打って候補を選んでなどということをしている間に、文書打てちゃいます。ATOKの長文予測変換もかしこく、ほんと、MS-IMEの3倍速く打てるっていうのはホントです。

 Google日本語入力が正式版になったけど、試すだけでやっぱり私はATOK。こりゃもう、慣れたアタマがなかなか変わらんだけだと思うよ。
 若い人は、きっとGoogleの方が入りやすいんだろうなぁ。
posted by みづほ at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42119202
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ