Neko

2010年12月30日

巫女のヘッドマークがひどい件

 横浜高速鉄道のみなとみらい線で、新年を盛り上げようと、みなとみらい駅にバーチャル神社を用意するそうですよ。
http://www.mm21railway.co.jp/dc/sites/default/files/H221227JINJA.pdf

 で、そのバーチャル、iPhoneアプリなんだそうで、パソコンだの、他のケータイだのでは楽しめません。凄いな。そんなにiPhone普及してますか。
 今年の4月には、全世界で5000万台を超えた、という公式発表がありましたけど、基本的に国別出荷数は公表していないんだとか。

 MM総研の調査によれば、今年の4月で国内累計230万台以上だと。その後前年比で出荷台数が大きく伸びているという報道もあるから、現在300万台と仮定したら総人口比で3%くらい?

http://www.newbook.co.jp/mm-jinjya-help/

 上のリンク先が、ソフトのサポートサイトだそうです。
 みなとみらい駅にQRコードが掲示されていて、それをアプリダウン済みのiPhoneで読み込むと、バーチャル神社で手を清めたり、鈴を鳴らしたり……、最後に登場するかわいい巫女さんがメインイベントなのかなぁ。

 その巫女さんをヘッドマークにして、Y500系のY511F前面に掲出しているんです。
 リリースのイメージ画像と配置や大きさが違いますが、まあ、あんな感じ。

 四角いCGをそのまま……って。デザインとかなんでしないのかなぁ。ヘッドマークとして、広告として、どうだろうって内容だし。やっつけ仕事ぶりに、ちょっと残念な気持ちです。

IMG_1940.jpg

 ヘッドマークのアップ
IMG_1939.jpg

 車内にもしかしたらアプリの吊り広告があるのかもしれませんが、見つけられませんでした。

 iPhoneアプリだということが書かれていませんよ。

 バーチャル神社であることがわかりませんよ。

 みなとみらい駅に行かなきゃならないこともわかりませんよ。

 必要なのは5人のキャラCGではなく、一人で十分。みなとみらい駅にあるバーチャル神社で、iPhoneアプリだということ。神社名を載せ、もっと簡潔でパッと見てわかるものにしなきゃ。

 これじゃ恋愛ゲームかナニカの宣伝ですよ。

 と思って、ヘッドマークにある文字、『神繍皇女』とか『The Legend of God Strings』とか検索してみたんですが、なにも見つけられませんでした。

 アプリの提供メーカーは、埼玉の物流会社。iPhoneアプリはこのひとつだけで、公式サイトにもソフトウエアの開発はなにひとつ載っていません。

 いったいどういう経緯で横浜の会社が埼玉の会社に発注して、どこぞが下請けしたかな。


 と、謎のヘッドマークがさらに謎になりました。

 私はiPhoneは持っていないし、なにひとつ確かめることができないのが残念です。
 お参りすると一人だけキャラが出てくる。ヘッドマーク付の車両に乗ると、いいことがあるかもしれない。

 え、オレ、釣られてる?

 いやいや、ま・さ・か(^^;)
posted by みづほ at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅が好き〜!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42317163
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ