Neko

2008年12月30日

今年最後のお買い物

 KATOのオリエントエクスプレス'88を買いました。すんばらすぃぃ〜!

oe1.jpg

 早速モジュールに置いて記念撮影。つやつやな塗装がすごいです。特別感が増してますよ。
 実物はこんなにつやつやしてなかった記憶なのですが、まぁ、模型の世界では、コレは正解だと思うです。

oe2.jpg

 ボディーへの写り混み具合がわかるカット。ホントにつやつや塗装ですだ。

 屋根上の表現もすごいね。車体長さなどのデフォルメもいい感じだと思いますよ。マニ50、ナハネフ23とのバランスも実物以上にいい(^_^;) さすがデフォルメのKATO! 感動した!!

 茶色いのはオハフ62、TOMIXのですだ。
 某A車のと比べたら雲泥の差。雲泥ですよ、雲泥。全体のバランスもいいし、車高も低くなっている。ドアを変える別売りパーツもあるようだし、ナンバーインレタめんどくせーって感じがするのはオラがへたれなだけだ(^^ゞ
 でも、窓枠がガラス部品側の表現で、つやつや。これまたちょっと違和感。窓が大きく見える。塗装を工夫できなかったのかなぁ、もったいない。これはKATOの別の製品にも言えるやね。旧製品の方が重厚感があるよ、窓枠。

 ジオコレの 寺、門とフィギュア『お寺の人々』もゲット。フィギュアには虚無僧が入ってたよ。笑える。
comso.jpg ウケを狙ったとしか思えない。寺に虚無僧がいるのか。そうだったのか。駅前に立たせる必須アイテムといわれれば、そうかもしれない。
 いや、だが、しかし……、担当者はさすがとしか言いようがない。笑えた。

 その他ジオコレ漁港関係を少し入手。300×900のモジュールにどう配置できるか、ちょっと悩んでみようと……。ていうかいつ手を付けるんでしょ(^_^;)
 鉄道と同じように、取材して、変なモノにならないよう、気をつけなきゃ。

 今年もあと一日だよ。どうしよう……<なぞ
posted by みづほ at 23:49| Comment(3) | TrackBack(0) | Nな模型

2008年12月18日

レイアウトボード作った

 6畳和室の一角に作りつけのレイアウトボード2470×600を作りました。6mmベニアと24mm角材。床からの高さは470mm。ここに勾配を稼ぐためつづら折りになったのを作ろうかと画策中であります。

 思案してはや半年。図面をひき始めて2ヶ月。先週材料を買いに行き、ようやく日曜大工となりました。

 ボード下に1500mmのモジュールを格納したいと思っていたのですが、24mm角材じゃやっぱりしなっちゃいました。まずいよこれ。

 最初はエレクターイレクターなどの金属材で考えていたんですが、予算が……。イレクターはまずまずかなぁとも思ったのですが、廃棄するときに壊せないってのが嫁さん的にアウトとなりました。パイプ表面の塗料を溶かして接着するので、とても丈夫なのですが、壊せない(^_^;)

 ボード下に格納した後、表面にフタを作るつもりでして、それがレイアウトモジュールの足にもなる、なんて構想なのです。なので、しなってしまうのを防ぐため、取り外しができる柱を備えればいいか、と試行錯誤中。というか現物あわせ。

 うむ、角材が足りなくなった。

 計画が曖昧なまま発進するのは私の悪い癖。ていうか人生ひどすぎ? ごめんね、嫁さん。

 CyberLinkのPowerDirectorはわかってきたよ。へぇ、おもしろいよ。でもBDドライブに付いてくるおまけのやつとかも考えなきゃならないし、Nero 9程度で十分だろ、オレっていうきもするし(^^ゞ
posted by みづほ at 23:14| Comment(2) | TrackBack(0) | Nな模型

2008年12月07日

鉄コレ弘南3600

 ホビーサーチというサイトに試作品の画像がありましたよ。おぉ、平たい屋根、よく表現されてますよ。
 実写を弘南で撮影していますけど、上から見たことがないので、屋根上はそうなっていたのかぁと(^^ゞ

 東急線を走っていたのは見たことがないので、あまり買う気が起きなかったのですが、弘南は一箱くらい買っておいてもいいのかなぁ。
 あ、こどもの国線かぁ……。
posted by みづほ at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Nな模型

2008年11月18日

品川の法禅寺さん

 旧東海道に面している『法禅寺』。400年のイチョウとか、品川小学校発祥之地碑とか、いろいろ歴史が刻まれた場所でもあります。
 そこに、母方の先祖が眠っています。
 そりゃ子供の頃から墓参りで行っていた場所なので、トミーテックから寺が発表になったとき、雰囲気似てるなぁ〜、よくありそうな形態だからまあそうか。などと勝手に思っていたんです。

http://hamad.web.infoseek.co.jp/hass-col/school/sinagawashogakko.htm

 法禅寺の本堂裏手は、京急の高架線。新馬場駅ほど近く、電車からもよく見えますよ。

 トミーテックのサイトには、バックに私鉄電車が走るレイアウトが作られていましたが、そうか、都市部の住宅地な高架脇でもよくある風景なのか。

 しかし、単価が高いよ。2625円が二種と3675円。良くできているとはいえ、大きさもそれなりにあるとはいえ、彩色済みとはいえ……。買おうか迷う値段ですよ(-_-;)

 神社もそうだけど、建物より地面の率が多いんだよね。簡単にスペース埋まるけれど、変化や見せ場を作るのは、腕の見せ所なのかなぁと思いました。

 え? 寺モジュールなんて作りませんよ?
 教会がいいなぁ〜。ホテル付属の簡単なチャペルでもいいや。
 芝、クレッセントのチャペルは雰囲気良かったなぁ<なぞ
posted by みづほ at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Nな模型

2008年11月16日

神社ゾーン造成

 1500×450のNゲージモジュール、改造中なんです。先日トミーテックの神社を仮置きして構想を練りました。今日は紙粘土を練る番(^^ゞ

 簡単なエッジ感を要求されない造形の場合、100円ショップの軽い紙粘土を使っています。
 水を多めに吸わせて、よく練ると、ツブツブ感もなくなって、元の状態とは違うなめらかな紙粘土に変わります。しかも乾けば軽量紙粘土。運搬することがあるモジュールは、軽量化も考えておくと良いですよ。

 でも、軽量紙粘土は、乾くとわずかに弾力が残ります。カチッとしないので、触ったり力がかかったりする場所にはあまり向かないかも。

moz2.jpg
 石川台にある雪ヶ谷八幡を見に行きましたよ。鳥居はいくつ? 形はそろっているの? 社務所はどの位置……などなど。
 多摩川とか、千束八幡とか、いろいろ参考にしつつ、まあこんなもんだろうと。

 まだ彩色どころか拝殿あたりの地面も作ってないので、まだニヤニヤしながら作業が続きます。
 鳥居をもう一つ作らなきゃ。プロホビーのはどこで買えるんだろう。

moz1.jpg
 隣接する駅も新設。こちらもトミーテックの駅Aを使用。銚子電鉄の外川駅がモデルで、雰囲気良くまとめられていますよ。
 15m級×2両なカーブのあるホームをということで、ホーム部分は発泡スチロールとスチレンボードで製作。側面は堅い紙粘土を木工用ボンドとともに塗りたくり。
 小物を置けば、ホームらしくなるかなぁ……。

 カーブから鉄橋の間の空間は竹林じゃ、と以前購入したトミーテックの情景コレクション、竹。ひどいとは聞いていた。ああ、ひどい。
 箱裏面の説明イラストには、ちゃんと節がある。表面のひどい製品写真は嘘だ、と勘違いさせられそうな勢いだ。ああ、製品はひどい。

take.jpg
 節がない。せめて着色による表現でもいいのに。
 真竹なのかなぁ、孟宗竹なのかなぁ、とにかく枝が短いタイプで、密生しないと、見栄えが悪いです。
 枝がハシゴのように左右にしか伸びていないのもなんだか出来そこないのにょろにょろみたいで間抜けです。枝は変化をつけながら曲げればよいのでしょう。でも、これにフォーリッジ載せても、竹に見えないよ?

 葉の素材を変え、平面の広がりがでるように何か枝になるものを使い……。

 楽しめ(苦しみ)そうだよ♪


 電気炊飯器が壊れ、コジマへ。
 三菱から来ている販売員が他の客に自社製品を勧めている。うんざりだ。

 東芝の削り出しのお釜に目がいくが、予算オーバー。でも、長く使うしと、嫁と攻防していたら、販売員が寄ってきましたよ。

 名刺にメーカーの名前が見えず、均等に長所短所を解説。ああ、こーゆーのなら助かるわ。
 パナソニックのロゴが付いた炊飯器に目がとまり、中の簡素な作りがメンテや壊れやすさに良さそうと決定。上部から温める松下独自の特許使用製品だ。ていうか、炊飯器にパナソニックのロゴは、違和感が(^^ゞ
 CDでも入りそうだよ。

 恥ずかしながら、IHジャーは買うのは初めて。炊きあがりにワクワクなみづほなのでした。
posted by みづほ at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) | Nな模型

2008年11月09日

お片づけ

 子供部屋の移動と、それに伴う電化製品の更新やら畳の表替えやらで、休みになればお片づけモードでした。
 で、自分の荷物があちこちに散らばっていたのが集積され……、自分の整理整頓ベタにガックリ。

 同じもの同士がバラバラに箱に入っていたり、未組み立てキットがあちらこちらに散らばっていたり。

 今日の休みを丸一日使って、ランナーから切り取ったあまりパーツのレベルから仕分け、整理。大変だった。こんなに資産があるのか、オレ。

 しかし、使わないで余ったパーツって、たぶんこのまま使わないに1カノッサ。グローブベンチレータなんて、たくさん余っているけれど、載る箱がないもの。国電ファンでもないし、整理はしたけど、いつか減量もしなきゃな、とも思いました。

 BS2でやったアニメ映画劇場『ベルヴィル・ランデブー』を録画しておいた。フランスのどうもダラダラとした薄いのに濃い内容の話で、まあ好きな方でした。
 2002年のアニメ映画だそうだけど、手書き風3DCGをうまく使い、見ていてすごいなぁと感心しきり。
 創世記の蒸気機関車『ロケット号』みたいなのがCGで動くんですけれど、ロッドの動きとか、すごかったなぁ。

 あ、自転車レースに出たけど……、ていう話なんだけど、自転車も3DCGをうまく使っていて、違和感なく世界観を作り上げていましたよ。

 手は動かさないと、前には進まないね<意味不
posted by みづほ at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Nな模型

2008年10月16日

モジュール走行会をしたよ

 模型を通じて知り合った仲間とNゲージの運転会をしましたよ。公民館を借り、複線のオーバルコースをモジュール連結により実現しています。

rr3.jpg
 今回みづほが作った駅モジュール。リゾート地の玄関という雰囲気を目指しましたが、少しは成功したかしら。
 リゾート列車が走ったので、パシャリ。

rr5.jpg
 自分の黒船電車もたまには虫干し。
 シュロの木、というかバナナのなりそこないというか、ヤシ科の木を一本だけ乾くと半透明になるという樹脂ネンドで製作。0.3mmまで薄く出来て、柔軟性が残るというシロモノ。少しは雰囲気でたかしら。一本作るのに塗装を含めたら1時間半くらい。試行錯誤をしながらとはいえ、もう作んない。頼まれてもヤダ^_^;

rr6.jpg
 住猫氏の115系とキハ58。自分でもやりすぎたと思っている。でも愛情ひとしお〜。架線柱がまだ1/3しか設置できてなかったりと、まだまだ未完だけど、撮影して絵になることを念頭に入れたので、絵になるとちょっと感激〜。

rr7.jpg
 以前からあるM氏の車庫モジュールにて。だれが言ったわけでもないのに、一部で高崎祭りになっていました。D氏の金属キットなEF55はかっこいーー。

 rr1.jpg

 自分のモジュールにある車庫は、18m×4仕様。東急系を集めて撮影会しました。
 TOMIXの5000系と7000系以外は、自作なエッチング作品。愛あふれすぎ。すごすぎですよ。

rr80.jpg
 いろんな角度で撮影解してしまいました。

rr2.jpg
 ほかの参加者さまが自作車両ケースを持っていました。100円ショップでケースを買う。そして20mmの発泡スチロールをホットカッターで切り出し、車両を収納しています。
 ちゃんと型紙を起こし、穴を開けたところに発泡スチロール用カッターのニクロム線を通し、切り抜くという手のかかったもの。出来の美しさもさることながら、すごすぎ。感動いたしました!

 とても楽しかったです。ありがとうございました。
posted by みづほ at 00:01| Comment(6) | TrackBack(1) | Nな模型

2008年10月12日

ホーム上屋作ってみた

 GMのローカルホーム、国鉄蒸気がとても似合いそうな雰囲気を持ったキットなんですが、コレでいいのか、と思うところがちらほら。

 たとえば柱の間隔。199mmの屋根に対して柱は3本、64.5mm間隔になるんですが、コレは屋根を2枚以上連続して使うなら、中間部分はおかしくない。でも端が32.25mm柱が無しで終わるんです。長すぎやしませんか。それを是正するかのような端から17mmのところに柱を付けられるような構造にもなっています。端は間隔が狂うですか。

 東急線の上屋の柱構造とかで目が慣れていると、違和感ありありです。

 というわけでこだわってしまいました。
0203.jpg

 線路に対して柱の位置がちょっと出すぎだろと支える構造を自作。シナ材の1mm角とか2mm角とか、木工用ボンドとか瞬着とか、もうやりやすいように作りました。近くで見ちゃだめ仕様なのは、言うまでもありませんよ。

 それにしても、待合室が誤算。屋根下に入るのかと思ったら、独立してホームにポツンとあるタイプなんですね。
 屋根下に入れるとすると、壁の高さを延長しなきゃです。

0201.jpg
 カトーの郵便局、精密な表現がすごすぎな高級モデルです。でも、薄いつや消しピンクは売られている状態でも、なんかこんなのがどこかにあるのか? と疑問に思うほどレイアウトにおくと浮きまくり。

 しかし、花壇とか作ると、不思議に風景に溶けていくです。
 元にあったベースをバリバリと切り落とし、使用したんですが、やっぱり色を塗り替えてみたい。
 郵便局の前を通るたびに、JPのロゴや色使いを観察。どうしようかと悩み中です。
 鉄格子とかもピンクなので、色は挿したいなぁ……。

 明日は色塗り大会。そして試運転。
posted by みづほ at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Nな模型

2008年10月09日

柵を付けた

 モジュール、今日は触らず早く寝ようと思っていたのに、つい手が出てしまいました。柵、昨日やり残した部分を片付けてみましたよ。

192.jpg
 駅前ロータリーのアスファルト部分は、ザラザラ微粉末入りの顔料水性塗料『水性グレインペイント』
 RMスタッフブログの記事で気になっていて、JAMで実演展示を拝見。すげえ。
 黒と白を買い、いろいろな調合比を試しながらあちこちに使ってみました。

 乾くと耐水性になるのもいいですよ。木工用ボンドが使えます。
 ポスターカラーの緑とか赤とかわずかに混ぜて調子を変えるのも出来るし、乾きも早いです。

 粘度がとてもあり、もう、ポテポテ。わずかに水を数滴たらして粘度調整して使いました。

 つい楽しくて記念撮影してしまいましたが、早く進めろよ<オレ

 ホームの屋根は今度の休みに。GMのローカルホームの屋根は瓦なんだよね。駅本屋が銅葺きなのに、ホームが瓦っておかしいかなぁ……、なんて悩んでたり(^_^;

 しかし、何年も前のファラーの人形にどうして負けるかなぁ、トミーテック。いや、がんばっているとは思うけどね……。
posted by みづほ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Nな模型

2008年10月05日

ホーム構築とか

 紙粘土で地面作り。そしてホーム構築をやりました。
 3度にわたってホームを延長したような感じにしたかったため……、またもやへっぽこなのに凝ったことを……やってしまう悪あがきをしてしまいました。

83.jpg
 ホームの素材はバルサ材1mmのもの。薄くてパリパリですよ。コンクリート部は目止めに溶きパテ。木材部はそのままカッターの裏で筋彫り。evergreenのH鋼風プラ棒2mmで足を作りました。

 紙粘土の地面作りは、水で延ばしてソフトクリームくらいの柔らかさにし、木工用ボンドを指で塗り広げたところに塗りたくっていきます。そのまま水溶き紙粘土を塗ると、パリパリにひび割れて、しかも剥がれます。

 次の休みはこれらの塗装。そしてバラスト散布。架線柱作って、ひまわり植えて……。ふう、なんとか間に合ったよ。
posted by みづほ at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Nな模型

2008年10月02日

電気工事した

 今回作っているモジュール、車庫にギャップが2箇所、スイッチバックな配線、新ポイントが完全選択式なのを受けて本線にもギャップ&バイパス線、ピコのY字ポイントが非選択式なのでギャップ&スイッチ……。

 その配線工事に今日一日かかってしまいました。ふぅ、ひどすぎる>オレ

 ボードに穴あけ、コードを引き回し、半田付け。そしてスイッチ6個使った操作ボックスの作成、半田付け。

 まだホーム構築、バラスト撒きができてません。というか、あとそれだけか。出口が見えた〜〜。

180.jpg
 先日には紙粘土による土手作りもしました。いつもはダイソーの100円紙粘土。今回はユザワヤで500円位する高級品を使ってみました。
 粘りも良く、きめが細かい。でもあまり手に付かない。整形しやすく、着きがいい。

 ああ、値段なりのことがあるんだね。

 みんなで遊ぶまであと4日お休みがあります。がんばるよー。
posted by みづほ at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | Nな模型

2008年09月30日

へっぽこだけどアップしてみる

 昨日は津川洋行のレンガ庫を塗装しましたよ。柔らかい材質のプラ製品で、あまりカチッとした出来ではありません。

 糸魚川区の写真などをwebで見つけながら参考に。そうか、日本のレンガって黄色はほとんど混ざらないのか。
 ウエザリングするつもりで、5色くらい筆で色をまだらにつけてみる。いい感じジャン、と自画自賛したところで、薄く溶いた赤2号に同量のフラットベース。筆でサーっと塗ったら、あれれ、とても5色でまだらなレンガを表現したとは思えない状態に(-_-;)

 窓ガラスのサッシは白かな、と思っていたけれど、ありきたりとも思い、薄茶緑色に。

 ポスターカラーのホワイトでレンガの目地を表現。指先につけてゴシゴシこすり付けるのだ。以前は紙粘土を水でゆるくしたのをこすりつけた。どちらも微妙な粘度を調整し、指の体温で乾くか乾かないかのタイミングを使いながら目地を表現していく。
 このままだと濡れたら目地が取れてしまうので、つや消しのトップコートが必要かな。
0179.jpg

 へっぽこな街コレ写真館改造の駅舎。まだ車寄せが付いていない写真だけど、へっぽこぶりをアップしてみるテスト。
0162.jpg

 車寄せとか、ホームの屋根とかつけたら、室内はのぞけない。それをわかっているのに、なんとなく作りこんでしまった。
0164.jpg

 ばかだねー、おら。

 さよなら銀河を買ってしまった。素敵だ。最高だ。
0170.jpg
 地味なのがよい。カトーの25系しか持っていなかったので、やっぱりうれしい。
 機関車もカチッと決まっていて、良い。
 祐天寺のリトルジャパンさんで試走させてもらいました。

 ついでに購入した鉄コレ専用乾電池コントローラー。
 なんかの模型ショーで触っていたので、とにかく分解。
0176.jpg
 うげ、ボリューム抵抗だけの超簡単回路か。ポリスイッチすら付いていないよ。6Vでならいらないってことか。そうか。
 ACアダプタから9v位を供給するように改造しようと思っていたんだけど、そうか、6Vにポリスイッチという改造でよいのかな。

 モジュールはレールをほぼ引き終わった。スイッチも通販で注文した。配線して、ホーム作って、バラスト撒いて、完成する予定。たぶん(^_^;)
posted by みづほ at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Nな模型

2008年09月21日

エアブラシ握った

 昨日に続き、モジュール用ストラクチャの制作作業。
 街コレの写真館を使った駅舎の塗装をエアブラシで。小鳥に配慮して、風呂場でやろうとセッティング。寝室のエアコンをガンガンにかけ、廊下から風呂場へと空気の流れを造ります。もちろん小鳥のいる部屋とは締め切り。風呂場の換気扇をゆるゆると回し、湿気を感じなくなったところで吹いてみました灰色9号。

 ……、風呂場の換気扇を最大にしても、喚起能力が負けてます(+_+)

 モウモウと灰色9号の霧が立ちこめ、呼吸ができません。

 余りにもひどいので、やっぱりコンロの換気扇で、となりましたよ。小鳥に配慮し、コンプレッサーは廊下に。タオルを上にかけたりして防音も少しだけ気を遣います。

 吐量を調節して、作業開始。うむ、やはりコンロの上の換気扇はすごい。

 柵、側溝、ホームなど灰色シリーズを色を変えながらザクザクと塗装。灰色9号の隠蔽力は大好きです。

 20年前のGMカラースプレーで駅舎の屋根を伊豆急ペールブルーに。すごい吐量につい懐かしんでしまう。とびゃ〜〜って出るんだよね。

 夕食の鳥カラコロッケ載せ野菜カレーを子供と作り、風呂に入って作業再開。

 ハーフティンバー風の柱部分を平筆でちまちまと塗るですよ。近視用のメガネをかけ、ちまちま、ちまちま……。

 2時間かかってまだ半分しか終わりませんよ。

 L字型になるところまで来たので、屋根を載せてみた。うむ、リゾートだ。やりすぎたか?

 二日間でレール固定までやりたかったのに、そこまで進まなかったぞ。ヤバ。
posted by みづほ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Nな模型

2008年09月20日

ストラクチャー作った

 GMの跨線橋と信号所。作るのにランナー切り出しから14時間もかかってしまったよ。かかりすぎだ。

 ランナーから切り出しバリ取り。最近の製品はひと頃よりバリがずいぶんと減ったね。10年くらい前はひどかったもの。

 洗って、水分吸って、乾かして。

 薄い緑系でまとめる構想はできていた。この色使うとか考えていた……、あれれ、あったと思ったカラーがないよ。

 でも別のストック品の方が渋めでよい。色は決まった。

 今、我が家は小鳥を飼っている。小鳥のそばでエアブラシはちょっと避けたい。シンナー、騒音、抱卵しそうな小鳥にはなにも良いことがない。

 風呂場で……とも考えたけど、たまにゃ筆塗りで行くか、とやり始めてしまった。無謀にも。

 薄いクリーム、西武アイボリーにつや消しホワイトを半々調色。隠蔽力のかけらもないぞ(-_-;)

 まあ、3〜4回塗りは標準施工。エイヤ、と塗り始めたら……大変だった。

 石膏ボードの部分がアイボリー。鉄骨の部分は緑茶色。今回のモジュールは緑茶色がこの鉄道のカラーだ。骨、窓周りに色挿し、コンクリ部分も別行程で色を塗る。

 跨線橋は階段下の開口部から階段部が丸見えだ。なので内部も少し塗る。手すりとかも仕込む。

 塗り終わったら、接着部分の塗装をカッターでこすり取り、合いを試しながら接着。ああ、設計ミス部分がいくつかあるぞ。まあ、誤差の範囲。

 信号所は木目表現の高低差があるせいか、薄い塗料がキレイに載らない。塗料の粘度を調整しながら試行錯誤。

 2階の窓が大きいので、床を作ってみる。ついでにと操作盤らしきモノとか置いてみる。
 屋根をのせたら内部はけっこう暗いよ。置物なんにも見えませんよ。

 瓦の色が決まらず、今日の作業はここまで。
 たぶん古い建物だから、日本古来のいぶし瓦かなぁと。表面の炭素膜が剥がれた、つやのないいい風合いかなぁ。となると、灰色何色かのミックス吹きかなぁ……。

 そそ、街コレの塗装がシンナープールで落ちません。素材がなんだか半透明で、カッターの加工も軟らかくてスイスイですよ。怖くて漬け込めません。
 イソプロピルアルコールに頼る時間が私にはないので、隠蔽力の強い灰色9号を吹ちまうことにしました。

0161.jpg
 あとはまた明日の作業。

 ウデ動かしていないと、なにもかも忘れるね(-_-;)
 目も悪くなったよ(*_*)
posted by みづほ at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Nな模型

2008年09月17日

プラ板切り出し

 いやいや、久しぶりにPカッターを握ったよ。
 プラ板にスジ堀して、ポキッて割って綺麗な直線とか出すカッターなんですよ。
 でも、スジ堀したところと割れたところとでは切り口に段差が。しかも、削れる分を計算して切り出さなきゃ……。ええ、やってしまいましたよ。

160.jpg

 街コレの写真館を改造して駅舎にしようと格闘しています。ハーフティンバー風装飾がこの建物の特徴なのですが、見ての通り柱として役に立っていません。戦後の木造に飾りとして柱風部材を貼ったモノなのでしょう。

 ちゃんとしたハーフティンバーにしようと柱を追加しても、1階、2階のスジが通っていないので、直すとなると大手術。それこそゼロから作った方が早そう……。

 開き直って、大正ロマン風装飾のついた木造建築、ということにしました(^_^;)

 ほとんど現物合わせで三角屋根の寸法を出し、正面と裏の改札口、側面ひとつをカリカリと作ってみました。
 塗装を落とし、筆塗りでいい加減に仕上げようと思っています。

 なんだかんだでお金かかるなぁ……。
posted by みづほ at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Nな模型

2008年09月13日

ハーフティンバー

 建設用語っていうか、『ハーフティンバー』っていうのは、木造骨格を露出したコントラストが特徴です。
 東京なら原宿駅の表参道口。1921年の建物だそうで、古き欧州の雰囲気がしてなんだかオシャレなんですよ。

 以前訪れた南海の浜寺公園駅もカッコイイ。平屋ながら高さがあり、私鉄が背伸びして作った田舎の小駅、て感じがグッとくるよ。 
 1897年建築で、登録有形文化財。じっくり観察したいモノのひとつだよ。

 で、今モジュールレイアウトをひとつ無謀にも手掛けています。先月1200×300mmのベースボードを作り、レールを並べてニヤニヤ楽しんでいたんですが、しばらく手が付けられずにいました。
 来月には完成しなきゃなので、フレキシブルレールの切り出しを先日行い、空いた空間の確認、ストラクチャの計画を練っているわけなんです。

 で、駅があるモジュールなので、駅舎を調達するわけなんですが、なんかオシャレな駅にしたいなぁと、あれこれ考えているうちに、ハーフティンバーで作られた古い駅舎を、キット改造でどうにかできぬかと思い出したわけなんです。無謀にも(^_^;)

 街コレの写真館がハーフティンバー。組んだヤツをふたつばらしてみたんですが、浜寺公園駅には遠く及びませんよ? <あたりまえ(^^ゞ

 やっぱりフルスクラッチかなぁ、といさみやの方眼用紙を見つめているんです。無謀にも……。

 駅舎の内部構造をまず練り、そこから構造、寸法が出るです。会社の休み時間に、方眼用紙に案を書き出し、柱の配置、窓の表現方法など考え……、あらためて間に合わなくなると、無謀さに気づいた夜なのでした(^^ゞ

 やっぱり写真館三つでお手軽に作っちまうか。
posted by みづほ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Nな模型

2008年08月25日

のぞみ会へ行ってきた

 会社の先輩方にお誘いをうけ、尾久にあるレンタルレイアウト『のぞみ会』に行ってきました。
 行くたびに変化のある様は、まるで生きているレイアウト! 時々しか行かないせいもありますが、スタッフ用線路が整理され、貸し出し部との境界あたりの線路も形ができあがっている感じです。

 私は、カトーのDCCを外に持ち出すデビューとなり、仕込んでいったなんちゃってDCCフレンドリー、その各車の調整に明け暮れた一日で終わってしまいました(-_-;)
 いかん、もっと丈夫に作らなくては……。

 というわけで、先輩方が持ち込んだ車両写真とかをどかどかと貼ってみたいと思います。

npzo1a.jpg
 最近出たマイクロエースの都営5300系。かっこいいー。良い出来だと思いますよ。

nozoab.jpg
 JR東海な車両達。皆、なにかしらの手が入っている愛あふれた作品でしたよ。

nozo1c.jpg
 キット組み立てというDD53。出羽を牽いたのは記憶に新しいですね。ていうか、ネタに素早く手が付けられる行動力がすごいです。
 他にもこだわりのコンテナ、タンク車の数々に驚愕。すごすぎ。

 nozoad.jpg
 この方もこだわりがすごい。写真はサロE531の甲種輸送を再現。全部の窓にカーテンが。隣のお座敷客車には乗客が。ウォーリーが!

 nozo1e.jpg
 隣の指定席のレイアウトでは、夜行列車祭りが。ほとんどの長いフル編成たちがいい雰囲気出して走っていました。すげえ。ていうかかっこいい。

nozo1f.jpg
 で、私の機材はコレ。
 古いノートパソコン、NEC mobio NX 200に、LocoToolsをインストールし、CV管理から、定速制御列車の管理まで、便利に活躍です。KH Train Factoryさんのフリーフェアーですが、古いWIndows98なパソコンでもサクサク動いてくります。

 で、一番の問題児はTOMIXのDD51-800にEM13を仕込んだやつ。
 買ってほとんど走らせていないこの機関車をDCC化したんですが、自宅の試走線はS280では問題なく見えたのです。
 ところが、レールの汚れにとてもシビアで、ちゃんと周回してくれません。むりやり重連させて慣らしてみたら、よけいひどくなるばかり。

 こりゃ、油がまわって集電不良になってるパターンだ。

 台車分解、脱脂。

 潤滑油として差してある油がもうベトベトですよ。一昔前のマイクロエース並みですよ?

 ああ、発売時期的にあまり変わらないのか。DD51-800。

 配線不良も視野に入れ、慎重に通電テスト。を繰り返していたら、シビアなハンダ付け部が取れてしまって運転断念(+_+)

 まけるもんかーーー!

 他にも、なんちってフレンドリー改造した構造が安易で、列車衝突の衝撃などで(-_-;) デコーダーの接触が悪くなったり、強度が無くて、固定できなくなったり。

 まだまだ未熟だなと思った日なのでした(^_^;)
posted by みづほ at 23:15| Comment(2) | TrackBack(0) | Nな模型

2008年07月30日

さよなら銀河はもう買えない

 TOMIXから出る『さよなら銀河』、買おう、予約しようと心に決めてみたものの、価格を見てしょんぼり……。ああ、手が届かないさ。

 で、その話を某店の店長さんに言ったら、「予約も無理」と。

 J-鉄道部も予約完売と書いてあったなぁ、などと思いながら、どっちにしろ縁がなかったのだと思った夜なのでした。

 そういえば、JAMの限定品も笑われたよ(-_-;)
 マイクロエースの167系も、ながらで着いた人が整理券受け取ったら終わりじゃないの? なんて……。
 えー、101系みたいに余らないのか。そうか、暴行事件もあったっけ。

 ありもので遊ぶもん(`へ´)フンッ。スカ
posted by みづほ at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | Nな模型

2008年07月29日

鉄コレ東急7000をいじってみた

7900.jpg
 鉄コレの東急7000系は、まあ、詰めが甘いというか、素材というか、あれこれ言われちゃった製品ですが、なになに、よけいなところを削げばよいわけで、いじればよい子になりますよ。

 まずとても目立つ全面のドア周り、これが良くない。
 東急車輌で使われているのをモデルとしたんだろうけれど、ワンマンに対応した柱(?)が右にあるため、これは左に揃えて削らなきゃです。
 渡り板が立っているのも若いファンにはなじみがない。顔が命の模型、これだけでもやるとずいぶん違って見えるですよ。
 色を挿すだけでもよいでしょ。

 ライトをドリルで軽く彫って銀で塗装。透明になる木工用ボンドをレンズにすれば、のぺっとした表情がだいぶ良くなります(写真では未加工)。

 台車のディスクブレーキに銀を。
 台枠とつながる逆三角な部品を灰色に。
 車輪はそのままでも走ります。プラ車輪は走行音静かだよ。横浜IMONの新幹線外回りを周回できました。
 アーノルドカプラーはいったん分解。根元側の2つある出っ張りでカプラー側を残してカット、元に戻せば連結面短縮です。

 8両にちょちょいと手を入れ2時間かな。

 渡り板はトレジャータウンの7200キットで余ったパーツから切り出し。カッターでそれらしく加工して、灰色に塗りました。

 急行灯にクリアブラックで墨入れ。点いてない状態は黒っぽいです。

 まだオモリも入っていないし、もっと悪路で調整しないと、安心はできないね。
 台車はなんか2種類ある感じです。出来の甘いのとカチッとしたのと。なんでやろね。
 プラ車輪も一軸だけ回転させるとヨロヨロするのがありました。精度が甘いのが混じっているんですね。

 動力化は、屋根と車体を止めるネジを外し、出っ張っている部分をニッパーでブチブチと切断。両面テープで固定です。
 台車部分は台車表現している部分をカッターでブスッと。裏面を平らに整形し、軸受けを2mmのドリルでさらいます。固定はこれまた両面テープ。ほんとは0.3mmの針金で2カ所釘打ちみたいに固定してやりたいけれど、両面テープで困ったことがないんだよね。移動しても、走らせても、問題ないよ。

 と、先日の走行会で走らせた7000系ではありましたが、これらは7700系に改造予定(^^ゞ ドア柱も削ってはいません。

 さて、歌舞伎にする気力がオラにあるのか?
posted by みづほ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Nな模型

2008年07月25日

松屋の鉄道模型ショーレポを見て…

 最終日に、もしかしたら行けるかなぁ、なみづほです。
 その28日は晴時々雨、最高気温32度。なんじゃその天気は……(^_^;)

 N-Gauge Informationさんの松屋での鉄道模型ショーのレポを拝見いたしましたよ。うわー、行きたくなる度が上がりますよ。

 で、TOMIXのさよなら銀河。25系客車と連結しての大きさ、EF65-1000はこうでなきゃ! 写真を見ただけで、物欲番長降臨ですよ! たぶん予約しないと手に入らない。するだけしちゃうか〜>コソッと、しかも赤いのも

 しかし、TOMIXの製品か情報ページ、ワクワクするラインナップにクラクラですよ。
 でも、ベーシックセットEXシリーズ、線路とホームが決まっているのが悲しいね。

 0系新幹線のセットは6両止まれないじゃんか。
 DD51と旧型客車、貨車セットはそのホームで似合うんか!

 企画が甘いよ。TOMIXさん! もう、いいかげんにパッケージするのはよしなよ〜(+_+)

 カトーのキハ30系は期待したい出来に上がってきたね。首都圏色しか買わないと思うけど、これはドキドキだよ。いつ発売になるか見当も付かないけれど、試作ができたという進展がなによりうれしい〜。

 仕事から逃げ出したい時って、こーゆーのにドキドキしちゃうのかと、思う暑い夜なのでした。
posted by みづほ at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | Nな模型
Powered by さくらのブログ