Neko

2016年01月17日

きれいに剥ける☆ゆでたまご

 ここで扱うゆで卵は鶏卵ですよ。うずらはまだうまくできないですよ。業者の方はどうやっているんだろう……。
 などといういらん前振りはともかく、ここ何度か試してみてほぼ100%の成功率を誇るきれいに剥けるゆで卵方法が確立できたっぽいので、日記に残してみます。

IMG_20160114_122643.jpg
IMG_20160114_122643.jpg posted by (C)miduho

 千枚通しのような、金属の先が尖ったやつでゆで卵のおしりに穴を空けます。
 うちには千枚通しがないので、バーベキューの時に串焼きに使う金属の長いやつで穴をプチッと空けています。先端が少し刺さって穴が開けばオッケー。

IMG_20160114_122654.jpg
IMG_20160114_122654.jpg posted by (C)miduho

 この程度です。
 白身が出てくることもなく、コレでひびが入りまくることもありません。普通に扱えますよ。

IMG_20160114_122723.jpg
IMG_20160114_122723.jpg posted by (C)miduho

 沸騰したお湯にじゃぶん。
 以前は水からゆでるときれいに剥ける信仰をひたすらやりつつ続けて半分くらいダメだったのですが、水からだとたしかにゆでている途中で殻にひびが入ることは皆無でした。なので穴開けを試した当初も水からやっていたのですが成功率が高くない。なーんだ。レベルですよ。

 ところが沸騰したのでやらんと、という書き込みを見て試したら、まあビックリポンですわ。

IMG_20160114_122703.jpg
IMG_20160114_122703.jpg posted by (C)miduho

 7分ゆでて、鍋のお湯をできるだけこぼしたら水を入れ、表面のあら熱が取れたくらいで取り出します。
 半熟より堅い、くらいですかね。
 写真のように側面を全周に渡りひびを行き渡らせます。まな板とか平らな部分に当てています。キッチンの角でやる必要は無いです。卵は円形ですし、優しくひびが行き渡れば良いです。

IMG_20160114_122712.jpg
IMG_20160114_122712.jpg posted by (C)miduho

 ひびに指を入れ、殻と卵の間に空気を入れるような感覚でゆっくりと。するとスルッと殻がはがれます。気持ちいい。
 匠の域に達すると、細かい殻など出さずに半分に割れた殻が残るんだそうです。

 ゆで時間に関係なく半熟でも気持ちよく剥けてくれるゆで卵。穴を空けるのは一手間ですが、ぜひお試しあれ☆
posted by みづほ at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2015年02月19日

冬のほうれん草は甘い!

1424334098147.jpg
 いきなりですが、冬のほうれん草は甘い☆

 しかも、最近なんだか安いですよ。
 寒暖の差があるからか、例年になく甘く感じてるのに、取れすぎなのかしら……。農家の皆様ありがとー☆

 これだけ甘いと、湯であく抜きしなくても問題ないですよ。根のところをよく洗って、ザクザク切ってソーセージとバジル、にんにく、塩コショウでシンプルに。

 ぴりりとタバスコを効かせていただきます☆
posted by みづほ at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2011年09月03日

無化調って言葉を覚えた

 ラーメン好きにおいて、「無化調」もしくは「無加調」という言葉があるんですって。ようはうま味調味料をスープに足さないって事なんです。

 私が子供の頃から、うま味調味料、俗に言う味の素を入れてない中華屋さんなんて皆無でした。

 それに慣れ親しみ、それが当然、コレがうまいものと認識した世代には、うま味調味料がかかっていない食べ物なんて、「味が足らねえ」物になってしまっています。

 ナニカかけなきゃ気が済まないって、不幸ですよ。

 まあ、好き好きだろ。てことで言やあ、どうでもいいことなんでしょうけれど、素材のチカラを知らねーだろって思うんですよ。

 味付けは、素材のチカラを引き出すって言うのも理解しています。味付けしなきゃ食べられないモノだってあります。

 でも、うま味調味料は、ただの「楽」でしかありません。

 1+1は100。

 知らない調理人は、まあ、うま味調味料に頼ってなって。
 知らないグルメ評論家は、まあ、自分の世界で完結してくれって。


 ティースプーン山盛り一杯の化学調味料を入れる昨今のラーメン。まあ、それはそれで不味くはありませんが、直球勝負ができない、頼ってるお店。というハンコを押しますよ。

 澄んだスープなのに、ちゃんと素材の味が1+1=100になってるのを見ると、いい仕事してるなってキチンと評価したいじゃ無いですか。

 加調なしオプションがあるラーメン屋さんも好きです。
 オレはその臭みを味わいに来たんだって、ごまかしはいらねぇって。

 いやね、そんな風潮を小馬鹿にした文書をネットで見たものですから、そんなの好き好きだろうがって言いたかっただけです(^_^;)
 てめーらが味が薄いのを、こっちはありがてーって思ってるのを理解もせず斬り捨てんなって!

 なにが訣別だ、偽善だ。
 押しつけるな!

 最近TVに出まくってるわかぞーシェフも、ちょっとキライ。あんたが味がしっかりしているのが好きなのはわかった。だが、薄いのを斬り捨てんな! 好き嫌いなんだ!

 テーブルに塩コショー置くのがイヤのなも、わかるけどさ(^_^;)
posted by みづほ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2011年06月12日

紅茶の香料

 不二家の『ホームパイ 香るダージリン』てのを「美味しくないから」と頂いた(^_^;)
 いいんです、紅茶好きですからナンデモ頂きますよ。

 で、こうした焼き菓子に紅茶風味をつけるには、香料は欠かせない。だって、焼きに耐え、冷却して袋詰めして、製造からしばらく経ってから口に入るんだもの。相当な香料じゃないと、紅茶の香りなんて残りませんて。

 で、裏の原材料には……『香料(乳由来)』とありましたよ。

http://www.fujiya-peko.co.jp/sweets/item/13011.html

 乳由来で作れるのは……なんとなく知ってはいましたが、発酵させたり、足したり引いたりで、紅茶の香るになるのを見つける人間、て、スゲえなぁ(^_^;)

 紅茶の香りがするモノって、パウダーだったり、オイルだったり……、色々あるようなんですが、なかなか一般市民が手にすることが出来ませんね。
 大口メーカーの製品に対して、それぞれ調合するため、なんだそうですよ。

 ケーキを作るようなお店なら、仕入れられるみたいですが、ぜひ買ってみたいと昔から思っているひとつなんです。

 通販でそんな用途の製品が買えるようですが、オイルなのかな。


 でもね、ダージリンってこんな香りじゃないと思うんだ。
 あふれる紅茶飲料も、香料を使わないタイプが好みだし。

 なるほど、ホットミルクがほしくなる……。


 ジャワティー ストレートが発売されたときは、目からウロコ。感動したモノでした(^^ゞ
posted by みづほ at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2011年01月27日

トリ胸肉は火加減と+油

 鶏肉のムネは、モモに比べて脂肪分が少なくヘルシーですね。でも、火が通りすぎるとパサパサですよ。味も淡泊、美味しくいただくには、火加減と味付けなのですが、やっぱり毒をかければかけるほど、美味しいですよ(^_^;)

 今日のお昼ご飯はそんなトリのムネ肉。肉スジを切るように1cmほどの厚みにそぎ切りし、肉250gに対して
マヨネーズ大さじ三杯
バジルペースト小さじ二杯
コショウ少々

 まぜてから薄力粉を大さじ山盛り三杯。

 5分ほど味をなじませて、多めのオリーブオイルで焼きました。

 中の強火で焦げ目が付いたら裏返し、さらに焦げ目が付いたら弱火にして、切って置いたザク切りの白菜をフライパンの縁に置き、白菜に軽く塩をしてフタをします。弱火といっても、中の弱って感じかな(^_^;

 白菜がわずかに透き通り始めたら出来上がり。加熱時間は計5〜6分かな。

 粉チーズとバルサミコをちょっと振りかけて超ウマウマ〜〜♪

 ええ、ヘルシーってなに(*^^)v

 塩パスタとも合うし、薄味ピラフとも良いかも。水菜とかちょっと香味野菜を足してもいいかもだけど、フタしたフライパンの中でパリッとした小麦粉の衣が水分で溶けないよう、加熱計画は考えないとダメかも。

 でも、モモの方がもっと美味しいに……ってそれ言っちゃだめか(^_^;)

 日頃の疲労がたまっていたのか、久しぶりの休みなのに、外へ出る気力がわきませんでしたが、美味しいご飯を食べると体も頭も動くね♪

 よし、ビール買ってくるか(^_^)v
posted by みづほ at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2011年01月18日

カブの葉カレー

 今日の晩ご飯は、カブの葉を刻んでクミンなどスパイス効かせて炒め、レトルトカレーにトッピング(^^ゞ

 カブ、葉っぱ付で買ったら、大根と一緒ですぐに葉を落とさなきゃダメなんですよ。葉が栄養消費しちゃうからね。すぐ使わなくても包丁でブツッと♪

 で、葉や茎なんて人気無いですから、自分でなにか……と考えていたんです。
 醤油で炒って、カツオ節、なんて定番すぎる。もっとひねりたい……。

 カブのあの青みとクミンって相性いいのでは、サッパリピリリで。と試した次第でした。塩加減を強めにすると、水分が抜けすぎちゃう。やっぱり、ハリハリして食べたいなぁと、薄塩で。強い火力で素早く炒めてみました。

 ……で、美味しかったんですが、カブ5個分の葉は、やっぱりひとり分には多くて、しゃりしゃりとたくさん噛んだので、気分はお腹いっぱい(^^ゞ

 これは、いいダイエッタになったかも。とデザートには手をつけなかったひとりぼっちの晩ご飯だったのでした(>_<)
posted by みづほ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2011年01月16日

家族と過ごした二連休でした

 サービス業に従事していると、土日に休めるなんでなかなかないですよ。で、この土日は久しぶりのお休み、どう過ごすかと考えていたんですが、家の補修にお金もかかるし、じっとしていようと(^_^;)

 土曜は娘と自転車で連れだってひと駅先のブックオフへ。コミPo!でマンガを作り始めたら、マンガを見る視点が違ってきました(^_^;)
 今までは、作画に手間かけてるとか、うまく力抜きながらやってるとか、そんな見方しかしてなかったんですよ。話は別として(^^ゞ

 背景色いちいち描かないのも、また見やすさだし、効果線ばかり使っていると見にくくなりますよね。キャラの向きとか、コマの割方とか、あんまり気にしていなかったんですが、いやぁ、読みやすいってこういうことかと。プロってすげえなぁと。

 自分も編集時代に、サラリと読みやすさとか話のテンポとか教わりまして、そーすればいいんだくらいに思っていたんですが、いや、奥が深い。

 で、お目当ての本は長原店には無く、自転車のカギをどこかで無くしたと、娘が慌てるも見つからず、家と2往復。いい運動になりました。

 今日は午後から小2の息子と自由が丘へ。歩きですよ。道草しながら、写真撮りながらで50分かかりましたよ。

 LABI自由が丘に寄ったら、タイムセールとか現品処分とかすげえことに。店内は混雑しているわけですね。
 壊れたエアコンの取替費用を知っておこうと、色々事前知識を持って望んだのですが、希望の三菱のが安くない。そうですか、高級機ですか。

 手が届きそうも無いで、内部の掃除がしやすいの……と探そうとしたら、ほとんどが抜け殻でした。うむ、わからん。

 ついでにブックオフに寄り、お目当ての本ゲット。帰りは電車で帰りました。

 食事も頑張って作ったよ。

 昼はどんぶりに白菜蒸しを載せ、さらにトロトロの豚の角煮。大根も柔らかく煮込んでトロトロウマウマ。

 夜は半額シールの付いた豪州産ステーキ肉をサイコロ状に切り、野菜たっぷりのカレーにトッピング。

 やっぱり筋張った肉は、なかなか食べにくかったよ(^^ゞ

 ああ、休日が終わる……。
posted by みづほ at 20:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2010年11月11日

ノンアルコールビールって

 なんで、ノンアルコールビールというカテゴリにこんな製品があふれる事態になったんだろ……と、今日いきなり疑問に感じたんでいろいろ調べてみましたよ。

 好きなノンアルコールビールは、以前日記にも書いた『クラウスターラー』。
http://select-foods.com/kataoka/9.3/30212/

 まあ、ちょびっとアルコールが含まれているため、爽快感が別格です^_^;
 飲み過ぎればアルコール検知器に出てしまうこともあるとかで、ドライブには不向き。でも、好き☆

 砂糖とか、甘みを足してないものがどうやら私の好みだ、ということがわかり、昨年発売されたけど、ネーミングで沿避けていた『龍馬1865』を今日買ってみましたよ。
IMG_1742.jpg

 発売元の日本ビールには商品説明がなく、いや、正確にはカロリー表示に「キロ」をつけ忘れたロットがあって交換するよ。という文字があるのですが、いったいどこで作ったのかもわからず、発売元に日本ビールと。

 長崎にて商社を創業し、グラバー氏との取引を始める。その交友からビールを譲り受け、初めてビールを飲んだ年が1865年と言われています。

 ていう文句が缶には書かれているのだが、さて、上目黒にあるビール会社がなぜ龍馬。

 日本ビール。いろいろ調べたら、メキシコのビール、コロナの輸入元だとか。
 坂本竜馬という名のビールも発売しているらしく、それは静岡の地ビールメーカーが委託を受けて、いろんなラベルを張って……ということらしいです。

 で、龍馬1865は、バービカン社の製法を云々して作られているそうで、たしかにおいしく、普通です。プリン体ゼロで15キロカロリー。キレもよく、甘くないさわやかな飲み物を、というときにはお勧めできるかも。

 しかし、龍馬1865はどこでも買えるのだろうか……。近所ではOKマートで100円しなかった気がします。賞味期限が11.9.21ってあったので、大量処分品じゃないとは思うけど。

 写真の横にあるのはキリンの『休む日の0.00』
http://www.kirin.co.jp/brands/yasumuhino_000/

 これもおススメできる。よい。
 回復系アミノ酸オルニチンとは……、食品の中に微量に含まれるが、食事を通してはなかなか摂取しづらく、あるといえばシジミに多いくらいだそうで、人体にも存在するアミノ酸だそうな。摂取すると、遊離アミノ酸のかたちで体の中をめぐりながらさまざまな働きをします。

 とありましたが、さて、様々な働きってなによ。て人は、くぐれ。と言われそうなのでググったよ。
 成長ホルモン誘導体なんだそうで、難しいことはみづほにはよくわかんないや^_^;

 協和発酵バイオの発酵方法によって生産したものを添加して、まあ、健康志向を謳う製品で差別化していると。

 でも、ぶっちゃけうまい。おいしい。オススメ。


 いろいろ風邪直り気味の体で飲んでみたけど、ウメッシュゼリー(okマートで投げ売り)より0.00の方がおいしかったよ。いや悪くはないと思う。とくに黒糖。でも、もう会えないのか……。と思った夕方なのでした^_^;
posted by みづほ at 16:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2010年11月07日

マックのディアボロ辛い〜〜

 いやいや、マックの限定メニュー『ディアボロ』、すっげー辛いんですね。
 風邪をひいて喉が痛い身にゃ、それは一口でアウトっすよ^_^;

 味がどうだかもあまり判らず、嫁のお腹の中へ……。せっかく買ったのに、あんまりだ。

 辛いのは好きなので、たぶん風邪をひいてなければおいしくいただけたんだと思います。残念。

 で、チーズバーガーひとつの夕食になってしまったのですが、その中のキュウリのピクルスがまた酸っぱい。スッパ過ぎ。
 まるでメーカーが変わったかのような味ですよ。風邪のせいかなぁ……。喉にくるだけじゃなく、バーガー全体の雰囲気が変わるほどの主張の激しさに、ピクルス好きとしてもびっくりです。

 おまえ、そんなに前に出るな!!

 マックってば、最近味が変なこと無くなったなぁと思っていたのに、ビックリですことよ。昔はパティの味がコロコロ変わって、仕入れが安定してねーなぁとか思っていたんですけど、また知らぬところで変わってるのかな。

 ま、それも面白いところの一つなんだけどもね☆
posted by みづほ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2010年10月07日

米粉でパン4回戦目

 失敗は成功のもと。そんな格言が身に染みる4回戦目の米粉パン作り^_^;

 波里から出ている米粉 100%のパン用ミックス粉
 袋のレシピ通りにもう一度作ってみようと、3回戦はホントに分量を守ったのですが、ふつうの小麦粉パンと比べてややふくらみが足りず、なにかが違ったようだと反省点を残すモノが出来上がり……^_^;

 がんばって一人で食べたんだけどさ、トースターであぶればおいしいじゃん。
 なので今度は2回戦目のやや成功した時の水分量で制作してみた。

 波里のパン用米粉250g/水温45度の水240cc/あとは袋の通り、砂糖、塩。

 ボウルでねりねりしてると、なんか水が多いかなぁ、がネチッとなってきましたよ。

 ドライイースト。そしてナッツの砕いたのを入れてさらにネリネリ。粘度の固い液状で仕上げました。ふむ。水の分量はこれでよさそうだ。

 早焼コースに近いバラエティーコースでスイッチオン。


 そんなことよりさ、サンヨーのこれすごい。
●ゴパン
http://jp.sanyo.com/gopan/
○リリース
http://jp.sanyo.com/news/2010/07/13-1.html

 コメをザラザラ〜っと入れてスイッチ押せば、米粉パンになっちゃうんだってさ。
 米ペースト製法というんだって。砕いてペーストにして、さらに練ってるといつものパンの生地みたいになってるのをリリースページの動画で見られますよ。

 11/11発売予定だそうで、うわぁ、欲しい〜〜。

 古いものを大事に使うのが我が家の家訓。
 なはずだけど、最近違うなぁ^_^;

 え、米粉パンはどうしたかって? まあ、サンヨーのがほしくなっちゃったような出来だったんです^_^;
posted by みづほ at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2010年07月30日

大根おろしカレー

 昼間テレビでパパイヤ鈴木さん提案のカレーが紹介されていたんです。
 水を使わず、材料を炒めたのちに大根おろしを大量に入れ、ルーをとかして弱火で煮る。というもの。

 シャキッとしてさっぱりうまい。との表現だったので、煮込む時間は10分に。本当に簡単。うまいっ!

SH380257.jpg

 豚ロースのブロックを10mm厚くらいで切り、ニンジン、玉ねぎ、ナス、しょうが、にんにく。ジャワカレーの甘口で味付ました。

 ちょっと火力が強すぎたのか、こげはじめた音が出たので、水を大さじ2杯くらい足してしまいましたが、大根おろしの粒粒がやんわり、あまり舌にさわらない程度が好みかなぁと、が10分くらいでした。

 大根の臭みみたいのは、煮れば煮るほど甘味になっていきます。さっぱり感残しつつ、の微妙な火の止め加減も、また面白いですね。


 話は全然違うんだけど、AKB48の新曲PVに吹いた。ひどすぎる。あんまりだ。

http://youtu.be/lkHlnWFnA0c

 いや、みんな頑張っているのは画面から伝わってくる。スタッフも、メンバーも。
 でも、ありゃイカンだろ。と思っていた自分を見つめ直し……、おとーさん目線で見ているのか。と^_^;

 これがいまどきなのかなぁ……((+_+))

 会社に全員の名前を言える人が一人いるんですが、尊敬しちゃうよ。私には見分け付かないよ(-_-;)
posted by みづほ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2010年07月18日

米粉でデザート

 波里製のお米の粉で作ったミックス粉、小麦不使用・パン用、前回深夜にまで及んだ修正舵で変な自信を持ち^_^; よし、男なら挑戦やろ。とデザート作りに挑んでみましたよ。

 前回40gほど追加投入したので、500g-290gで210gは粉が残っているだろうと思っていたら……、165gしか残っていませんでした^_^;

 いやあ、いいかげんに作ったもんだ^_^;;;

 でも、今回も前回同様粘度の高い液状、がゴール。目指しますよぅ〜〜♪

SH380248.jpg

 というわけで、パン用米粉165gに森永のミルクココアを大さじ山盛り2杯。砂糖も大さじ山盛り2杯。塩を指でわずかにつまみ入れ、スキンミルクを大さじすりきり1杯。無塩バターを18g。

 水を110ccから始めて練ってみたけど、水はまったく足らない感じ。すいとんにすらならない。

 そして、チョコレート30gをぬるま湯40ccで溶かしたものを水で倍に薄め、これでちょうど良いだろうとまた練ってみました。
 これをカレースプーンでゴリゴリと滑らかになるまで3分ほど混ぜ合わし、のの字を書いて超ゆっくりそれが消えるくらいまで、少しずつ水分調整。

 これが写真の状態。だいたい、柔らかい生クリーム、て感じ。

 ドライイースト3.3gとチョコチップとナッツを砕いたのを入れ、ザラっと混ぜたらホームベーカリーへ投入。

SH380249.jpg

 今回はホームベーカリーの羽は使いません。
 ボウルで材料が混ざればいい。とメーカーのサイトに書いてあったし、どうも練らなくてもグルテンとか関係ないみたい。いや、よくわかってないんですけど、経験則的に^_^;

 バラエティーパンモードで2時間半ほどで焼けるコースを選択し、羽の軸が空しく回るけれど、もうこの子的には醗酵モード。
 1時間半後に覗くと、よい感じに山型に膨らんでいるじゃあありませんか♪

 味見はイースト入れる前にしておいたので、おいしさは保証済み。あとはどれだけ膨らむか、なんです。

 15時ちょうどに焼き終了のブザーが鳴り、火傷しながら取り出しましたよ。

SH380251.jpg

 山はちょっとしぼんでしまいました。たぶんグルテンとか、チョコが多くて重いとか、いろんなバランスなんだと思う。砂糖も通常のパンよりうんと多いから、タマゴを使えばもしかしたらふくらみキープできたのかな……。いや、想像だけど^_^;

 でも、固くなく、バサバサせず、しっとり焼けましたよぅ〜〜♪

 子供に大好評。
 もちっとしてチョコたっぷりでナッツがいいアクセント。

 まあ米粉ですから、味的にはすごくおいしいチョコレートウイロウがスポンジになった感じ。ってわかってもらえるかなぁ^_^;
 すっごく濃厚でおいしいウイロウがあるんだってば。いつものウイロウ以上に甘味でベタベタだったけど^_^;;;

 次は抹茶味だっ!

 波里の米粉、近所ではピーコックに置いてました。トップと東急とオリンピックにはありませんでした。


 かんけーないけど、朝、題名のない音楽会を見た。加藤登紀子さんだった。
 アドリア海が出てくるあのエンディングを熱唱。感動した。

 アドリア海つながりで、録画しておいたなんとかういっちーずとかいう2期のを見た。どういうことだ。1期を見なかったオレが悪いのか、水着に慣れてないオレが悪いのか……。

 あのアングルで描く必要があるのか……?
 必要があるんだよな、きっと……(*_*)
posted by みづほ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2010年07月16日

米粉のパン大失敗

 波里製のパン用米粉を手に入れました。一時期どのスーパーでも見かけたのに、ここのところ急に姿を消し、国の補助金分は市場から姿を消したのか? なんて邪推してたんです。

 高級素材も扱う某スーパーには在庫があり、手に入れてみたんですが、250gといつもの材料、ホームベーカリーで手軽そうですよ。

 材料量って、スイッチポン。

 あれ、あれれれれ?
 均等に混ざっていきませんよ〜〜。
 まるで糊ですよ。
 
 強力粉の時は280gに対して水が200cc。
 米粉250gは水が210cc。

 水分含有量とか、吸水量とか違うのだろうと、たとえ糊のようでも放っておいたんですが、20分機械がこねて止まったのを覗いてみたら、四隅は全く動きがない感じで、ていうか羽だけが空しく回ってました、という感じで羽のところだけ空間が……。

 違うらしい。何かが違うらしい。


 とりあえず、小麦粉の時と同じような手コネをしている固さやまとまりを目指すために、米粉を追加投入。
 ベトベトですが、まとまってきましたよ。こねなきゃグルテンが……。

 いやまて。ちょっと硬すぎるぞ。まとまる感じはいいんだけれど、機械が回しにくいと唸ってるぞ。

 遅いかもしれんが、ググるか……。

 粉のメーカーに、袋とは違う説明文がありましたよ。
http://www.namisato.co.jp/recipe/index.php?cID=7

「粘度の高い液状となります」
 ほかにも気になる記述として、ボウルで混ぜとけとか……。ちくしょうめぇぇ。

 最初の段階のは混ざってなかった。
 でも、上新粉を扱った時のことを思い出せば、カタマリまでまとめちゃうと、相当固い餅ができてしまう。
 液でいいのか。

 なんか40gは追加投入してしまった感じもするけれど、水をゆっくり足していき、ドライイーストをまんべんなく混ぜるために手動投入、うまく混ざった粘度の高い液状、にまで調整してみた。

 さて、朝、どんな物体になっているのか……^_^;

 こんな時間までヒイヒイ言いながら面倒見る羽目になるとは……。

posted by みづほ at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2010年06月29日

300gが380円の牛肉で☆

 スーパーの日付変わる寸前セールで、豪州+国産牛の焼き肉ダレがからまっている300gモノが380円のところ50円引き。

 う〜〜ん、微妙。

 とか思いつつも、イライラしてたので「太ってやる」と買っちゃいました☆

 パッケージから取り出してみると、予想以上に薄切り、細切れ。にんにくの茎もバランス悪く数本入っていて、ぞんざいな雰囲気に拍車がかかっています^_^;

 豪州産はモモ肉っぽい。脂身がなく、真っ赤であります。
 国産はバラ肉かな。もう、脂身の方が多いと思えるほどです。

 フライパンでささっと加熱。アツアツご飯の上に300gのお肉をドカッと盛り付け、キムチを添えていただきました☆

 赤身のモモ肉、感動のないこの触感と味わいは、まさしく庶民の味☆
 ああ、庶民しているなぁ。と思っていると、3対1の割合くらいに和牛の脂身がっ。

 ああ〜〜、うまいっっっ。

 でも、一緒に口にほおばっても、けっして和牛の赤身にはならないんだね^_^;


 いやしかし、300gはやっぱり多かった((+_+))
posted by みづほ at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2010年06月03日

ロッテリアってどこにあるんだろ

 長原駅はその昔、改札内にロッテリアの入り口がありました。もちろん駅ビルの裏手に店舗入り口があり、切符を買わなくても入ることが出来ました。

 ところがマクドナルドが駅横にオープン。さらっとお店を閉めてしまいました。

 別にロッテリアのファンではないのですが、パティ10枚重ねバーガーが発売というニュースを読み、見てみたいなぁと(^_^;)

http://www.news-gate.jp/2010/0602/5/

公式
http://www.lotteria.jp/

 オーダーで何枚でもいいってのが現実的だね☆
 4枚とかなら口に入りそう……。

 160円のチーズバーガーに、チーズとビーフパティ、1セット100円で追加していくんだそうな。なのでパティが4枚なら560円。

 ……、松屋行こう(^_^;)

 定番メニューでやっていくんだってさ。

 で、見てみたいと思ったら、近くにお店がないじゃん。
 そんなに店舗少なくなってたんですね。

 こだわりの食材ってのも、未体験だし、頑張って川崎行く用事でも作るかね。
posted by みづほ at 00:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2010年04月15日

抹茶プリン作ったぜ

 熱海駅構内とかで売ってる抹茶プリン、『ちゃっぷりん』だっけ。最初は、なるほどぅ〜なんて思って買っていたんですが、自分で作ってみようと(^_^;)

 世の中、ゼラチンを使ったレシピが多いんですかね、でもそれって牛乳寒の抹茶版?

 牛乳寒っていうのは、牛乳を寒天で固めた日本古来のスィーツですよ。
 寒天使うので、植物繊維たっぷり。かんてんぱぱにも商品がありますよね。

 ゼラチン使う場合でも、冷まして固めています。
 ええ、加熱して固めるプリンとは、製法が違い、食感も違うんですよ。

 加熱しないのをプリンと呼ぶなーーーー!!!

 なんて叫んでいたんですけど、今は別にそう呼んでもいいんですって。でも、本来のプディングの意味を知った上で使うのが、かっこいいとは思うですよ。

 蒸したりオーブンで焼いたりっていう製法は、難しいんです。
 加熱温度、時間。液の温度、容器の容量によってまた違うし、ほんと、何度か作って、スの入らない、目指す柔らかさを安定して作れるようになるんです。

 ゼラチン、寒天は、分量さえ間違えなければ、初めてでも作れるし、簡単なんです。

 おいしいけれど、別物だって覚えてください。電車とディーゼルカーくらい違うモンなんですよ<言い過ぎ(^_^;)


 え、閑話休題。

 三度目の正直というか、いいかげん完成形のプリンを目指しましょう、と頑張るはずだったんです。材料を冷蔵庫から出すまでは。

 砂糖を棚から取り出した時、目にとまったのは黒砂糖。
 沖縄産の、味の濃い本格派黒砂糖です。

 ここで、頭の片隅に隠れていた実験君が前に出てきます……。

 黒砂糖25gを少量のお湯で溶かします。
 黒い、半濁の謎液のできあがり♪

 おいしそうに見えませんよぅ……。

 さて、どうするんだ、オレ。

 そこで次に視界に入ったのが、抹茶。
 頭の中で錬金術よろしく完成を想像し、再構築。

 今回、タマゴ3個は丁寧に時間をかけて溶きました。5分ゆっくり混ぜると、サラサラになるんですよ。

 こんな丁寧な作業は、久しぶりだなぁ。
 などと自分に感動しながら(^_^;) 砂糖50gを入れ、また丁寧に混ぜます。

 タマゴと砂糖の液体に、溶けやすいという抹茶をティースプーンを山盛り2杯。
 う、やっぱり少量のお湯で練っておくべきだった……と謎のブツブツが浮きまくる液体に驚愕しつつも、見なかったことにして次の作業。

 牛乳400ccは電子レンジ600wで5分間。まだ湯気がうっすらと出る程度だな。と1分再加熱。

 お玉ですくい、チョロチョロと少しずつタマゴ液に混ぜながら加えていきました。

 タマゴの黄色に、抹茶の緑のかたまり……。いや、なにか別のモノを作っているようにしか見えませんでしたが、加熱した牛乳が入ったためか、抹茶も急速に溶け出し、見た目最悪だったブツブツもきれいになくなりましたよ(^_^;)

 黒砂糖を溶かしたのをここに入れたら……どんな色になるんだろうと、せっかくきれいな抹茶ミルクなのにぃ〜。
 などと思いながらも、えいっ! と投入。

 なんか和風テイストな風合いが出て、いいかんじ(^^ゞ

SH380191.jpg

 バターを塗り、作るのが上達したカラメルを大さじ一杯ずつ入れた6つの容器に均等分け。

 東芝の加熱水蒸気レンジでプリンメニューを選択。弱1に設定して待つこと30分♪

 強だと、堅め。普通だとちょっとやらかい。
 なら、弱だ。というもうね、毎回実験じゃんか。と自分につっこんでみたりしながら、トロッとする手前ななめらかプリンのできあがりなのでした。

 ちょっとの黒糖が効いててね、いい風味。
 使った抹茶はプリンの後ろに写っているやつです。

 ホントに、茶筅など使わず、きれいに溶けてくれるんですけど、やっぱり少し単価が高いです。
 でも、風味も良いし、オススメできますよ、コレ。

 子供にも大好評。嫁さんも久しぶりにほめてくれました。

 イラッとしたら、台所に立つ。
 やっぱこれだね。

 と、バリウムが出てこないのにイライラしてるみづほなのでした(T_T)
posted by みづほ at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2010年04月03日

プリン作ったよ

 東芝の過熱水蒸気付き電子レンジで、プリンを作ってみました。
 会社から21時に帰ってきて、子供たちが元気なのをみて、急に思い立って……(^^ゞ

 30分でできると書いてあったけど、それは加熱調理時間だったよ。
 食べれる頃には、下の子は食べたい。けど眠い。の葛藤をしていたよ(^_^;)

 いやしかし、やわらかプリンと書いてあったけれど、なかなか、失敗せずに作れました。
 指定量を8個の容器に、を6個の容器へ入れたので、「強1」設定で作ってみました。
 スも入らず、しっかり味。

 砂糖の量に驚いたなぁ。400ccの牛乳、タマゴ3個、砂糖80g。

 \すげぇ/カロリーですよ?

 健康診断のシーズンなのになぁ。いかん。いかん(^_^;)
posted by みづほ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2010年02月06日

ハツドン

 鳥のハツがスーパーで半額。おいしいのに、なんで残ってるかな。
 私が救わずに誰が買う。とグラム100円を切る素敵な買い物をしたんです。

 ハツとは、鶏の心臓さんですよ。どっくんどっくん。

 心室があり、そこにゼリー状に残った血があるので、包丁で縦に半分に切り、手で水洗いしながら取り除くです。

 半分に切り落とさず、ぎりぎりでつなぎ残すと、なんか大きな塊りっぽくなりますよ。

 で、そのビジュアルが……。

 キャーキャー言いながら嫁さんに見せたら、「うるさいだまれ」。

 すっごい似てる気がするんです。穴の開いた感じとか……、いやほんと写真は撮れないですよ。撮ってもモザイクですよ。

 脱線しましたが^_^; 塩を振って強火で炒めるです。よく火を通せと言われているので、焼き過ぎず、いいあんばいを味見しながら見つけるです^_^;

 長ネギとえのきを途中で入れ、フタをして蒸し焼き。
 焼き過ぎるとボソボソしちゃうので、ちょいレアかなというところで野菜を入れました。

 中火で長ネギがほんのり透き通るところまで数分。

 ごはんの上にかけて出来上がり〜。
SH380127.JPG

 しかし、寒いね。
 日本酒がこれまたよく合うんだ。

 山椒を少し利かせて、ウマウマなのでした♪
posted by みづほ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2009年12月23日

生キャラメルを作ったぞ

 作ったのは子供です(^_^;) 私は完成品をひとついただきましたよ。いや、おいしかったんで、驚いているんです。

 ツールはこれ。おもちゃ屋さんで積み上げて売っています。

タカラトミー 生キャラメルポット
http://www.takaratomy.co.jp/products/caramelpot/

 材料をスーパーで買い集め、説明書に従い投入。電子レンジでチン♪

 牛乳、生クリーム、ザラメを入れてチン。取り出してふたを回して〜を3回繰り返し、バットに移して冷やせばできあがり。

 あれ、よしたけさんちの生キャラメルはこんなに簡単に作ってなかったよ。

 嫁さんが言うには、材料が多いから時間がかかるんだとか。ふたの構造とか絶妙で、簡単に汚れずに作れるのはすごい。と絶賛していました。

 いや、超お手軽ですよ。

 ホット生キャラメルをかけたバニラアイスクリームが食べたいなぁ……。
http://www.hanabatakebokujo.com/special/hot-caramel/index.php
 うまそうや……。
posted by みづほ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2009年12月03日

カッとなってビーフストロガノ風

 風っていうのは、ビーフストロガノフにならなかったからです^_^;

 まず、厚切り肉なんか買えません。オージービーフグラム88円のモモ肉スライスです。
 赤ワインがありません。みりんと日本酒です。
 すっぱ味が嫌いなので、酸味のあるものを入れませんでした。

 にんじんを千切りに。しょうがとにんにくひと欠けをみじん切り。たまねぎを中玉2個スライス。にんじんが柔らかくなるまで弱火で炒めます。
 お肉を500gも入れたので、ボリューム感たっぷり。ケチャップ大さじ2杯、みりんと日本酒大さじ1杯。煮立ててアルコールを飛ばしたら、デミグラスソースの缶詰を入れ、20分煮込みます。塩、故障、バジル、オレガノ。そして中濃ソースで味を調え、出来上がり。

 うむ、ハヤシか。これは^_^;

 まあ、うまいとみんなが食べてくれました。
posted by みづほ at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v
Powered by さくらのブログ