Neko

2009年11月04日

女満別の軟白ネギ

 二子玉川のプレッセが、東急ストアに変わったことに気が付かなかったみづほです(^_^;)

 夜23時まで開いているので、便利です。

 プレッセ時代は、やっぱりなにかと高級志向な品揃えで、近寄りがたい感じでしたが、今はなんとなくそうでもなくなりました。しかし、長原店の庶民的さとは違う、高級感が漂っていますよ。

 で、軟白ネギってのを買ってみました。細めだけど、長さのある長ネギです。3本入りで398円。高級です。

 フィルムに印字されているのは、「甘くてサラダに〜」といううたい文句。
 ふむふむ、甘いんですか。ふむふむ(^u^)

 炒めても良いとありましたので、早速新鮮なうちに3cmくらいで切っていき、ごま油を弱火で暖め、煙が出ないよう弱火でニジニジと炒めてみました。
 軽い塩味オンリー。

 あっまーい。

 驚いた。ほんとうに甘さたっぷりです。
 ネギの辛みが超苦手な子供も、甘いと言って食べてくれました。

 すごいので、勝手にURLでも〜と思ったら、女満別 軟白ネギでは数件しか検索に引っかかりませんよ。どれもたいした情報量ではないですよ。

 でも、北海道に限らず、福島とか、雪国でハウス栽培されているようですね。

 日高町字豊郷には、太陽光温水器を拡張した蓄熱暖房システムを利用した実験棟とかもあるとか。
http://www.innogate.jp/person/showcase_view.php?item=66&fmt=2&sort=0&pg=0&theme=20

 今時の、利益確保できる作物なのね。
 たまには高級食材も買ってみるもんだと思った夜なのでした。

 ああ、半額になっていた牡蠣フライはやっぱり半額の味でした(*_*)
posted by みづほ at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2009年08月17日

ジャガイモカレー作ってみた

 冷蔵庫を開けたら……、材料が僅か。ジャガイモが一袋しっかりある以外は、ショウガ焼き用豚肉2枚、たまねぎ1/4……、なにを作れと。

17.jpg

 ジャガイモゴロゴロ辛口カレーにしました。

 カルビーポテトのジャガイモ、という商品でした。
http://www.calbee-potato.co.jp/

 ふ〜ん、そうなんだぁ。

 1センチ角にすれば12分で火が通る。カレールーを入れて溶ければできあがり。それをビンボートンカツにかけ……という画策をしたんです。

 ところが、パン粉がない。

 しかたがないので、余り物のシメジと青椒牛肉絲風に切った豚肉とをサッとクミンで炒め、上にトッピング。

20.jpg

 汁が少なめにしたので、味はちょっと濃いめに。ルー以外に、クミン、レッドペッパー、コショウを多めに追加(^_^;)

 汗かきながら頂きました(^^ゞ

150.jpg
 届いた洗濯機、配送のおじさま方は、なんか雰囲気悪いッス。お客対応モードの時は、にこやかに腰低く、なんですが、ふたりだけになると、上役さんの態度が、指導っていうより嫌み言いながらわかってねー、つかえねーばかり言って、雰囲気悪いです。

 いつもならできるだけ設置に立ち会うのに、今日はもう別の部屋で待機。ふたりであれこれ苦労してましたが、手順に間違いはなさそう。試運転して帰って行きました。

 説明書も複雑ですね。これ。出来ることが多いので、当然なんですけど、読んで触るまで30分かかります。洗剤の量がまたわかりにくい。なんだよ、0.9杯って(^_^;)

 洗剤によって水に対する量とか違うので、説明書の量と洗剤の説明とをよく読んで、多すぎないようにしないとダメですね。

 価格コムで言われていたゴム臭もありましたが、窓を開けてなければ、こりゃこもるだろうなぁというレベル。でも振動とかはさほど気にならず、タオル類も柔らかく仕上がりました。なにより静かです。

 6kgいっぱい入れて乾燥機能も使ってみましたが、ワイシャツもしわくちゃにならず、絡まずにしっかり仕上がりましたよ。

 うーん、当たりを引いたのか、それとも製品出て半年以上経ってるから、改良品なのか。問題ないですよ♪

 と、家事で一日終わってしまい、模型もなにもできませんでしたとさ(^^ゞ
posted by みづほ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2009年08月08日

ホームベーカリー2

 初回は、内部にジャガイモくらいの穴が空いてました。コースは食パンコース、指定材料もスキンミルクが入っていないくらい。ふーん。

 2回目はスキンミルクを買って、もう一度食パンコース。今度はきちんと。

 基本が大切なのかなぁ、今度は内部に空洞はありませんでした。
 でも、パンの耳というか、周りはけっこう固めです。中はかなりしっとり。重めでフワフワで、トーストであぶるととってもおいしいですよ♪

 でも、堅いのが子供に不評。もうちょっとでフランスパンの固さってくらいです。

 というわけでソフト食パンコースで連作。

 1度目は朝できるように予約。3時間くらいインターバルがあったでしょうか。しっとりとして、重めです。
 パンの耳は柔らかくなりました。普通に売っている食パン並ですよ。

 で、もう一度インターバル無しで仕掛けてみましたら……、食感が違う物が出来上がりました。しっとりとあまりしていませんが、そこそこ重たさも残る、軽めな物に仕上がっていました。

 違いは、粉と水を混ぜてインターバルの時間があるか、無いか。

 こんな違いが出るんだと、ちょっと勉強になりました。

 ふむふむ、こーやって、はまっていくわけですね(^_^;)
posted by みづほ at 00:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2009年08月03日

ホームベーカリーもらったよ♪

 ナショナルのSD-BT101というふる〜いホームベーカリーをもらいました。
 説明書が無く、また1997年製と古さから来る不具合もあるかもという、一種の博打っぽさも抱えていたり(^_^;)

 ホームベーカリーの場合、計量は手こねの時と違い、メーカー推奨の量を投入しなくてはなりません。これは生地が硬めになったりするとうまく混ざらないとか、自動ならではの融通が聞かないところに起因しています。

 幸い、本体横に分量が書いてあるシールが貼ってあり、箱の中に材料を放り込めばおしまい。
 まずは基本となる食パンを……、あれ、スキンミルクがないよ。まあ、コクを出すだけだろうからバター僅かに多くして水10ccプラスして、砂糖2g多くして……。

 ええ、こーユーところから失敗が始まるのかもですよ?

 ……でも、まあ、やってみちゃおうか(^_^;)

 明日、焼けているはず……。


 ドキドキして眠れないかも〜〜(^_^;)

 ナショナル→パナソニックのサイトにはこの機種の取説はありませんでしたが、オプション部品として本体以外の、焼箱、羽、取説コピーが売ってました。すげ。三菱見習え!!

 
posted by みづほ at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2009年07月19日

パンを焼いてみました

 子供が夏休みに入りましたよ。
 もう、遊べと、ヒマだと。

 というわけで、仕事帰りの霞がかったアタマでパンを焼いてみることに。

 ウチにはホームベーカリーなんて素敵家電はありません。となるとスーパーカメリアとドライイーストで簡単〜〜♪
 いや、予備発酵しないだけで、あとは一緒です。簡単じゃありません(^_^;)

 いろんな材料の配合比がありますが、
http://www.nisshin.com/entertainment/komugiko_club/meikan/04/index.html
 このレシピを試してみることに。
 子供が記事づくりを手伝いたいと。まあ、それが目的なので粉の計量から一次発酵まで半分以上子供の手が入りました。

 ……、うむ、生地がうまくできてない感じ……。でも、この生地は作るのはじめてだし、焼いて皮がパリッといくんだから、水分少なめの感じでいいのかも……。

 とにかく進むしかありませんでした。

 一次発酵のフィンガーテストでは、まあまあいい感じでしたよ。分割して、ベンチタイム。形を作って二次発酵……。

 あれれ、あまりふくらまないヤツが……。

 ふくらまなければ、そのままなんか固めの物体にしか焼けませんが、失敗もまた教訓なり、ですよ。

 子供が生地をいじりすぎたのは、二次発酵であまりふくらみませんでした。手早く、冷まさずに丸めたのは目標に近い感じ……はするものの、中身がボロボロと荒い感じ。
 コレはやっぱり最初の生地づくりが荒かったせいですよ。たぶん。

 ロールキャベツにしてもらい、このパンで晩ご飯。スープに浸して……、まあ、おもしろかった(^_^;)



 納得いきません!

 晩ご飯を食べ終え、半量で生地作りをスタート。
 水分の加減で失敗した感じがしたので、分量にとらわれず、過去の経験則で粉にぬるま湯を足していきました。
 指にべとべと付くギリギリの水分量にし、打ち粉で固さが決まる感じ。子供のゆるい打ち練りではなく、しっかりバンバンと叩いて揉んで。

 たたきつけると弾力で生地が丸に戻るくらいが出てくれば、成功ルート♪

PICT0426.JPG

 うれしかぁ〜っ。

 明日の朝ご飯になりました。

 しかし、手作りパンは、コストを考えちゃダメだね。1kgで398円の強力粉が150gと、3gのドライイースト砂糖20g、食塩3g、バター15g。

 25分の一次発酵前処理、50分の一次発酵、20分くらいの加工処理、40分の2時発酵、12分の焼き。

 ああ、もうこんな時間だよ(^_^;)
posted by みづほ at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2009年07月09日

不幸だぁ〜〜キリンフリー

 盛んにTVCMをやっている『キリンフリー』、外国の0.5%なノンアルコールビアでおいしいと思えるのがひとつだけありますが、コレはどうだろと飲んでみましたよ。

 不幸だ。

 まあ、今までのよりはずいぶん飲める。我慢せずに飲める。

 でも、深みも苦みもなく、飲んだあとのさっぱり感もないです。やっばりアルコールが無いってのは、難しいんですね。
 麦芽、ホップを原料にするけれど、酵母を使わず、発酵させない。それってどんな麦茶?
 グラスに注いだ感じが、まさにビールそのものなのがすごいと思ったけど、そのための甘みが出てしまうのは、まあ、しようがないのか(^_^;)

http://www.kirin.co.jp/brands/kirinfree/
posted by みづほ at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2009年04月29日

ケーキ作った

 モントンの簡単便利なヤツですが(^_^;) 妹の誕生日にと見た目は美しくないヤツになってしまいましたが、作ってみましたよ。

http://www.morinaga.co.jp/montemps/
材料はコレだ。

k21.jpg
 指示通りに材料を混ぜ、40分で焼きました。なにも考えずにできちゃうので、とても簡単です。

 あら熱を取り、3枚に切り分け、フルーツ盛り合わせ398円(グレープフルーツ、メロン、パイナップル)にキューイとバナナを追加。7mmくらいのサイの目に切り、植物性45%な生クリームとともに挟んでいきました。

 トッピングに苺とグレープフルーツ。中央は余ったホイップでバラみたいに……って見えないか(^^ゞ
 肉料理に使うテーブルナイフをパレットナイフ代わりにしただよ。バラみたいなのも。
 ああ……、紙粘土どうにかしなきゃ、などと少し思い出す(-_-;)

 フルーツの水気が出ることを考慮して、ホイップは固めに。すっぱいモノもあるので、砂糖も多めの35g。

k22.jpg

 うまく写真撮れなかったけど、味は……おいしいよ。変な材料使ってないモン<ちが
 いや、本当に不味そうに撮れちゃったよ(@_@)

 朝はサラダ盛りとトースト。キャベツの千切りにタマネギとかゆで卵とかチャーシューとか色々載せました。
 野菜が苦手な子供達も、マヨネーズとゆで卵にだまされ、完食。うれしいなぁ。ってサラダは調理に入らないか(^_^;)

 昼はざるそばに天ぷら。アサリのむき身が鮮魚コーナーにあったので、おー、こりゃかき揚げだと。
 他にエビとにんじんのかき揚げ、シメジ、ピーマン、長ナス。
 天ぷらは、ストレス発散になる。手順と冷める速度を考え、一心不乱に作る。男の勝負である<言い過ぎ

 夕食はすき焼きになってしまった。水を入れないしっかりレシピ。火加減と野菜の水分、みりん、醤油、砂糖が基本に酒で調節。不味いわけがないよ(^.^)

 なんだかんだで一日が終わる……。幸せだなぁ〜。
posted by みづほ at 20:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2009年04月09日

豆腐ハンバーグ作ったよ

 正式なレシピとか知らないんですが、豆腐ハンバーグはタマネギ炒める時にいっしょに炒め、水分を飛ばすんだとホテルのシェフから教わったことがありますよ。

 で、なんかストレス溜まりすぎなので、ついカッとなって嫁の台所を奪ってみた。

 タマネギのみじん切りは丁寧に。細かく。あとでいくら丁寧に炒めても、元が荒ければ食べる時に舌に障る。最初が肝心だ。細かく包丁を入れてやれば、自動的に細かくなるってモンだ。

 油を大さじ1。タマネギ一個をみじん切りにしたのをサッと熱を通す。豆腐は半丁。絹を使いました。木綿でも良いけれど、舌に障る。絹ならペーストっぽいところまで細かくなり、肉によく混ざる。焼き上げたあとに豆腐らしさが残らない。

 ベショッとしたのが少しカラっとしてくるところまで中火で煎る。

 ステンレスボウルにあけ、水を張ったトレイに浮かべてあら熱を取る。

 あいびき肉200g、パン粉同じ容量、強力粉大さじ1。塩、コショウ、ナツメッグ、オレガノ、バジル。

 ふわっと指ですくうように混ぜていき、まんべんなく混ざったところで練り。粘りけが出で、耳たぶより柔らかいけどまとまるようになってきたら丸めて、投げて、空気抜き。

 強火で焦げ目を両面につけたら、フタをして弱火でじっくり。
 今回はナスとシメジもサッと塩をふっていっしょに蒸し焼きにしました。

 実は6歳の息子が乳歯グラグラ。やらかいモノをと作ったのでした。

 は〜〜、すっきりした。
posted by みづほ at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2009年03月25日

くりでん保存の案が出た

 2007年3月で廃止になったくりはら田園鉄道は元々電鉄。直流電化路線だ。その愛称がくりでん。電化時代に訪ねることはできなかったけど、昔から気になる路線でしたよ。

 で、廃止後2年が経とうとしてるんだけど、栗原市が鉄道公園想定なんだそうな。
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/03/20090323t15030.htm

 若柳駅構内でどうだろう、動態も3両程度残そうよ。という報告書を提出した、てニュースなんだけど、都市計画道路が敷地を分断しちゃうんだって。
 若柳は車庫があるところで、結構広い敷地ですよ。駅舎や社屋などの建物も残そうと提言されているのだそうですが、道路が横切ったら、動態の車両は道路横断なんてできませんよ。

 保存を検討する委員と、市の都市計画とがまったくリンクしていないのか、知った上での提言なのか……。
 栗原市の都市計画を見ても、駅を真っ二つですよ。

http://maps.live.com/default.aspx?v=2&FORM=LMLTCP&cp=38.775016~141.132058&style=r&lvl=18&tilt=-90&dir=0&alt=-1000&phx=0&phy=0&phscl=1&encType=1

http://www.kuriharacity.jp/kuriharacity/contents/work/public/closed/080926.html

 動態って、保線用のディーゼル機関車くらい? 
 観光かぁ、なにをすれば、鉄道に目を向けてくれるかなぁ……。名鉄から来た子は、個人的に好きなんだけど、栗原的に違うよね(^_^;)
 電車……、動くわけないか(-_-;)

 岸さんの名前が出ていたので、なんか日記を書いてしまいました。
posted by みづほ at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2009年03月04日

アロエは危険?

 やけどに効くとか、医者いらずとか一部で迷信のごとく言われているアロエですが、数年前にテレビで信じちゃダメだみたいのことを言っているのが頭の片隅に残っているですよ。

 で、調べてみた。

国立健康・栄養研究所
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail79.html

 このサイトすげえ。

 缶詰とかで売られているアロエは『アロエベラ』。コレは知ってた。コレに薬効がほとんど無いことをテレビで言っていたので、食べるアロエは下剤くらいにしかならない。というふうに覚えちゃってました。

 外れてはないけど、摂りすぎで死亡例があるのか……。ていうか、その量を毎日食べるって、どんな……。と思いながら資料に目を通していると、やけどに有効性、とか書いてある。
 Wikipedia的にはそういう例もあるけど、悪化した例もあると。

 数年前のテレビ的には、用いた方法が清潔でなかったためだろうというコメントが付いていたような。
 傷口を洗わず、不衛生なまな板でアロエを切り、ゼリー質のところ以外の堅い部分も焼けただれた部分に押しつけたら、そりゃ良くなる要因が少ないよ。

 医者のクリームが一番。コレは3度目大やけどで経験したこと。皮膚がむけた部分の洗浄も、ぬるま湯が一番。
 消毒液を使うしーんて、今あるのかなぁ。感染症が見られる場合は使うか。治りかけで汗などが入り、膿が出るときなどは使うか。

 ま、コレを書いたのはアロエの缶詰一缶完食した直後だ。どの程度便秘に効果があるのか、それも経験だ(@_@)

 完治2週間と、今日言われました。あさってには仕事復帰したいなぁ。
posted by みづほ at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2009年02月14日

オムレツ作った

 スペイン風オムレツってやつだ。具をあらかじめ調理し、溶き卵に牛乳とか味付けとかして具材を入れ、熱したフライパンに流し込み、弱火でフタをして10分間くらい焼くのだ。

214.jpg

 ちょいと色が濃いけれど、もう少し火が弱ければもっときれいに焼けたかな。
 今日の具はレタスの千切りと鶏肉、スライスチーズ。
 ジャガイモとかほうれんそうとか、いろいろ具も変えられて、楽しめるのがよいっす。

 コレを仕込んでおいて、加熱中にパンを焼いて、紅茶を淹れ、食卓セットするとそのころ焼き上がり。

 文字は嫁さんに書いてもらいました(^^ゞ
posted by みづほ at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2008年12月12日

ハナマサは楽しいよ

 たまに行くと、だけど(^^ゞ肉のハナマサは楽しいですよ。ホントに。
 業務用な多めのパッケージを販売していて、まぁ安いモノもあるです。規模の小さな小料理屋とか喫茶店は、こんなところで仕入れしてたり。

 で、円高還元がこんなところでもすごいことになっていました。
 オージービーフのロースステーキ肉がグラム250円。100円は安くなってますよ。
 輸入関係は水産モノも安くなっていますが、精肉は特に安いね。いろいろ買ってしまいましたよ。

 でも、中国系ブランドはことごとく内容が変わっていたりしていました。冷凍点心系はここでしか買えないクォリティーのモノも多く、好きだったのですが、ちまたのスーパーで見かけるような、普通のしかパッケージに入っていません。
 取り扱いを変えたってことは……(-_-;)

 ところで円高還元といえばデニーズもやってますよ。100円くらいお得なのかな。肉の使用量を考えても、がんばってると思いますよ。
 空いてる店が多く、心配ですが、家で食べられないものをうまく取り入れて、長く営業し続けてほしいです。

 りんごうまそ……
posted by みづほ at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2008年12月05日

焼きカレー

Image235.jpg
焼きカレーの定義を知らないんだけど、スーブにしなきゃいいんだと、テキトーに作ってみた。

玉ねぎを茶色になるまで炒め、バジル、オレガノ、胡椒、クミン、クミンシード、レッドペッパー、信州のケチャップ、塩。
生姜焼き用の豚肉とレタスを入れ、炒めます。
豚肉に火が通ったら出来上がり。

味を補完する味の素やブイヨンの類いは入れなかったため、直球な辛みと素材の甘味がスバラスィ〜。

白ワインと一緒にウマウマ〜

−−−追記
 ごめんなさい、コレは『焼きカレー』とは言わないそうな。
 通常通りカレーを作り、お皿に盛ったらチーズを載せてオーブンへ。チーズに焼き目が付いたらできあがり、が焼きカレーだそうな。

 ポークとレタスのカレー炒め、ソテード・オニオン風味を忍ばせて……。かなぁ(^_^;)
posted by みづほ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2008年12月04日

牡蠣カレー

Image234.jpg
牡蠣は加熱用、さっと浄水で水洗い。バジル、オレガノ、胡椒、薄力粉でうっすらころも。
オリーブオイルで強火加熱。

カレーは、生姜、人参を千切り。カイエンヌペッパー、クミンシードを入れ中火で煮込む。
カレールーは中辛をチョイス。カイエンヌペッパーがすでに入っているので、コレで十分大辛。

牡蠣がプリプリなところで塩少々、レタスをちぎり、少し熱が通ったところでカレーがかかったお皿にトッピング。

ショウガが効いたさっぱり辛辛カレーに、ぷりぷりな牡蠣がうまうま〜♪

 冬だっ!
posted by みづほ at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2008年12月03日

シシャモをこだわらないなんて……

 Yahoo!で見かけた記事にシシャモに関するモノがありました。なんでもノルウェー産のカペリン(カラフトシシャモ)が6年ぶりに禁漁解除、来春に対日輸出が再開される、とのこと。
 もっともリリース的には10/23に出たモノで、一ヶ月以上経ってからフォーサイトが記事にしたのは、雑誌由来の情報遅延なんだと思う。
 まぁ、私は今日知ったんだけんども(^_^;)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20081202-00000000-fsight-bus_all

 で、この記事にとんでもない記述があって、つい日記にしてしまいました。

引用−スーパーや居酒屋の「シシャモ」のほとんどは輸入品「カペリン」。ただ、シシャモの語源はアイヌ語の「ススハム(柳の葉)」 で、魚の姿を表現しているだけであり、おいしくて安ければ、種類にこだわることはないだろう。−

 なぬーー!!
 カラフトシシャモはおいしいよ。でも「種類にこだわることはない」ってどうよ。本家のシシャモは味が濃くって別物だよ! こだわらないほど違いがない、なんてことはないぞ!!

 スーパーなどでの販売の際、産地や本名の記載が義務化されてから、本家シシャモとは違うモノという認識がだいぶ広まったと思うんだけど、国産シシャモを食する機会はふつうの人はたぶん皆無だ。

 値段が遙かに違う。
 子持カペリンとは全く別物。
 オスが特に高価。そして美味。

 普通の主婦は、価格を見たら買えないよ。シシャモ。

 この記事書いた記者は知らない人なんだと思う夜なのでした。
 偽物のレッテル張られたけれど、カペリンもおいしいじゃん。とか書くんならいいんだけどさっ。
posted by みづほ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2008年10月24日

コーヒー酒

 サントリーが輸入販売しているコーヒーリキュール『カルーア』の値段に納得がいかず、直輸入品をネットで通販かと考えていたら、ホワイトタカラで簡単に作れるよ、というブログに行き当たりました。

 cof1.jpg
 いろんな配合比がありますが、梅酒の経験などから私の好みをと初挑戦にもかかわらず配合比を変えてみましたよ。

 200mlのホワイトリカー
 22gのエスプレッソ用深煎りコーヒー豆
 25gの沖縄産黒糖
 20mlのコニャックXO

 たぶんネットなどで紹介されているのより甘く、カルーアに近いものが作れるのではと思っています。
 黒糖でコクのある甘み。コニャックで香りに深みが出ると思います。

 タカラのサイトにゃまた違うレシピですな。

 3週間〜1ヶ月で豆を取り出せ、とあるので、冷暗所でしばしお休みです。

 cof2.jpg
 豆が浮きますが、半日もすると沈みました。色も出てきて、楽しみですよ♪

 と、この雨でイベント中止。自宅で片付けものとかです。

 晩御飯は豚の軟骨カレー。豚の軟骨が200gくらいで240円くらい。5時間煮込めば軟骨がプルプルでうまうま。
 料理はストレス発散になります〜(^^♪
posted by みづほ at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2008年10月08日

ひき肉カレーを作った

 嫁さんが倒れた。風邪で食事が出来ない、作れない、と。
 で、晩御飯を作った。安い合挽き肉をさらに3割引で昨日買ったやつを使用。たまねぎ半分、だいこん1/4、ジャガイモ、キャベツ3枚をみじん切り、にんじんはすりおろしました。
 にんにくとしょうが、クミンシード、たまねぎ、そしてお肉を炒め、よく火が通ったところでお湯投入。大根、キャベツとジャガイモとにんじんを入れ、キャベツが消えかけるところまで中火で煮る。時間で15分かからないくらいかな。

 甘口のバーモンドカレーを入れ、ひと煮立ちさせて出来上がり。

 ゆで卵が良く合うポテポテなカレーに仕上がったのでした。

 モジュールは柵とか付ける作業を少し。表情が付いてくると、いきなり町らしくなるね。

 昨日やったバラスト撒きの修正箇所にも時間がとられた。ポイントが不動になりかけていたので、隙間に入ったバラストを掃除機で吸い込む。気をつけていても入っちゃうんだねぇ。

 楽しくてしかたありません(^_^;)
posted by みづほ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2008年08月10日

肉ウマウマ〜

Image1161.jpg
 オージービーフのモモ肉が安かったので、肉いっぱいのハヤシライスを作りました。

 しかし、一食185gはちと多過ぎf^_^;

 和牛の脂を使い、ウマウマ〜。

 で、ブレンディ香るブラック脂肪の吸収を抑えるやつ。
 マズぅ〜(;_;)

 原材料にはコーヒー、香料、乳化剤。
 コーヒー豆に含まるマンノオリゴ糖が効くみたいだ。

 マズ。
posted by みづほ at 20:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2008年02月20日

またかよ、ウナギ偽装……

 近所のスーパーをまったく信用していないみづほです。おまえんところは急に四万十をやめたと思えば宮崎産に、そして、鹿児島、三河産……。そんなに急激に出荷できるほど宮崎産の豚肉ってありあまっているのか! 鶏肉もだ!

 それはさておき、また、ウナギですよ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080220-00000087-mai-soci

 1年以上にわたり計342tの偽装ってどれほどの出荷ですか。東海澱粉は静岡市にあるけれど、問題の営業所は鹿児島大隅。どこ産と表示して流通させたのかわかんない。けど「蒲焼き業者に卸した」とあるから、行って来いの相手先、九州地方の問屋2社の地方名を使ったのかも。

 怖くて、もうウナギなんか買えないよ。好きなのに〜〜!!!
posted by みづほ at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v

2007年10月01日

博多天神渋谷店で味噌豚骨

 またまたラーメンですよ。しかも豚骨。なんかね、ベルトの穴が変わったんじゃなくて、ズボンのボタンがとまらないんですよ……。やべ。

 とか思いながらもフラフラ〜〜って吸い込まれました『博多天神』渋谷店。ココの新メニューとかで豚骨スープに味噌を入れるですよ。
 普通塩豚骨、あるいは醤油豚骨だったりしますが、ココ博多天神は塩豚骨です。アルカリイオン水を使い、圧力鍋により煮出すというコンセプトで都内に数点店舗を展開していますよ。どこのお店もほとんど変わらない味で、薄目。「カウンターのごまや高菜やタレで好みの味にしておくれ。」というコンセプトを理解しないで食べると、すごく物足りないですよ。ていうかデータベースに書いてある中に、豚骨の食べ方を知らない人がいるよ! かわいそうだよ!

 今までならコショーとゴマとニンニクでまず麺をたいらげ、替え玉して高菜を投入。食べながら高菜を追加して味の変化を楽しみつつもう一つ替え玉。タレと紅ショウガを入れてスープと一緒に完食。

 博多天神の替え玉は100円なんです。しかもネギを載せてくれる。うれし〜。豚骨ラーメンが500円。キクラゲとかトッピングが+150円からあって、まあ普通の豚骨ラーメン屋さんとしては安めなのがうれしいですよ。

 で、『味噌豚骨』ですよ。味噌とこの店の薄目豚骨スープがよく合ってます。いや、おいしいですよ。しかもちゃんと高菜やゴマを入れても味の変化を楽しめる。紅ショウガも良いですよ。ちゃんと豚骨ラーメンとして楽しめたのが面白かったなぁ。
 味噌、業務放送は「赤」。「赤もやしに白きくらげ」なんて言葉が飛んでます。なので常連さんは「赤ひとつ」なんて頼んでましたよ。

 中太麺にちぢれを入れてあっさりスープと合わせるとか、こってりスープに細麺ストレートと合わせるとか、豚骨もいろいろありますが、味の変化を楽しめるこのスタイルが一番大好き〜。いや、ウソ。どれも好き(^^ゞ

 替え玉ハリガネ〜!
posted by みづほ at 23:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 男の料理(^ヘ^)v
Powered by さくらのブログ